恋愛&結婚 理想の結婚相手は、年収1000万円の男性よりも年収300万円の○○な男性だった!

「愛があればお金も肩書もいらない!」なんて理想論。最近は結婚するなら「愛情はそこそこ、それより経済力!」という現実的な女性が増えていると言われています。確かに今後の生活を考えると、結婚する時の条件に経済力は不可欠。いくら愛情があっても、性格が良くても、金銭感覚や価値観がズレていたら、やがて夫婦生活が傾きはじめることが目に見えています。そこで今回のテーマは「結婚相手に求めるお金の条件」。20~30代女子のリアルなホンネが見えてきました!

0621news

理想は、年収500万円、貯金500万円の男

株式会社マネーフォワードが、20代・30代の一般女性208名を対象に、結婚相手に求める年収と貯金額のバランスを尋ねたところ、半数以上の女性が「年収500万円、貯金500万円」と回答。次いで「年収700万円、貯金300万円」が3割程度でした。一方、「年収1000万円以上、貯金0円」と答える人はわずか3%。高い年収で優雅に暮らせる男性よりも、年収は低くても貯金ができる安定感のある男性の方が人気が高いことがわかりました。

●結婚相手にはどれくらいの年収と貯金のバランスを求めますか?
年収1000万円、貯金0円       3.4%
年収700万円、貯金300万円    33.2%
年収500万円、貯金500万円  56.3%
年収300万円、貯金700万円   7.2%

理想は、結婚前はゆる~く管理できている男性

ではお金の管理はどの程度できているのが理想なのでしょう。意外にも「きちんと管理している男性」よりも、「ゆるく管理できている男性」を好む人が多いようです。やはり几帳面すぎると結婚後に自分のお金の使い方にまで細かいことを言われそう…というのがホンネのよう。管理はしてほしいけど、きっちりしすぎていない男性が一番モテるようです。ちなみにお金の管理ができない男性は問題外でした。

●お金の管理、どれくらい管理できている男性がいい?
きっちり管理している男性 35.6%
ゆるく管理できている男性 64.4%
管理していない男性    0%

▼では結婚後の家計はどうやって管理する? 次ページでチェック!!

1 2