恋愛&結婚 付き合うのちょっと待った!付き合っても幸せになれない浮気男・ダメ男の口説きパターン3つ

学生の頃は恋愛で少し痛い思いをしても、「これも経験のうち……。」と次の出会いへの糧にすることもありましたよね。 ですがアラサー、アラフォーにもなると結婚も念頭にあり、ダメ男に引っかかって、余計な時間を取られるのは避けたいものです。 今回は3人の女性の実体験と共に、付き合っても幸せになれない浮気男・ダメの口説きパターン3つをご紹介します。

■ダメ男1:彼女がいるのに言い寄ってくる。

カリナさん(28歳・会社員・仮名)は直感で恋をするタイプ。友人の集まりで知り合ったAくんに 、一目惚れをします。
「Aくんは、誰が見てもカッコいいというタイプではないかも知れませんが、私の好みにはドンピシャでした。Aくんの方もまんざらでもない様子で、趣味も似ていて話が盛り上がり、運命を感じましたね。

ですが、仲の良い友人がこっそりと『あのさ、一応先に言っておくけど、Aくんは長く付き合ってる彼女がいるよ』と忠告してくれました。ものすごくガッカリしましたが、後ほどAくんに連絡先を聞かれ、教えてしまいました。『彼女とうまくいってない可能性もあるし!』と淡い期待を持ちました」(カリナさん)

その後Aくんから積極的なアプローチがあり、彼女のことが気になりながらも距離を縮め、親密な関係になるカリナさん。

「進展しながら『彼女とはどうなってるの?私とは浮気?』って頭にはモヤモヤが浮かんでも、怖くて結局聞けませんでした。Aくんの部屋には明らかに女性の化粧品や私物があって、でもAくんは悪びれた様子もなかったです。そこまで足を踏み入れてしまうと、もう彼女のことを聞く機会を逃してしまいました。

関係を持って1か月くらい経って、デート中にAくんのスマホに着信があり、『ちょっと、ごめんね』と断って電話に出たんです。Aくんは聞こえないように声を潜めていましたが、怒っている女の人の声がスマホから漏れていて、彼女からの電話だとバレバレでした。

電話が終わった時、私は泣いてしまいました。察したAくんは『ごめん!彼女とは別れる予定だから!1番好きなのはカリナちゃんだから!』と慌てて言ってきました。その後も、モヤモヤしながら関係を続けたのですが、別れた様子はなくて、挙げ句には『他にもいる中で1番って言われる方が嬉しくない?』とか言ってくるようになりました。

徐々にAくんへの熱も冷めてきて、私から切り出してお別れしました。あの時は、恋に目が眩んでいたけど、今考えるとマジで最低な男です」(カリナさん)

彼女がいるのに口説いてくる男を相手にするのは時間の無駄、というのがカリナさんの教訓だそうです。

■ダメ男2:やたらがっついてくる。

マリさん(31歳・トレーナー・仮名)は、ひとりで行動するのが好きなタイプ。同窓会で十数年ぶりに会ったBくんに好意を持たれ、口説かれます。

「学生の頃はあまり知らなかったBくんですが、同窓会では結構あからさまに好意を示してくれて、ロックオンされた感じでした。Bくんはそこそこイケメンだし、私もまんざらでもなかったです。

連絡先を交換して、BくんはLINEをマメに送ってくれ、サクサクご飯にも誘ってくれました。あまり自分からアプローチしない私には、グイグイ来てくれる人が丁度いいのかな〜とも思いました。私はひとりの男性と長く付き合っていたので、色々な男性と付き合ったことはないんです。だからリードしてくれるBくんは楽でした。

でも、ご飯に行ったりしてる内にLINEの回数が増えてきました。『おはよう』から始まって、何回も日常の報告みたいなLINEがきて『おやすみ』まで……。ハートマークとかもついてきて、付き合おうアピールがすごかったです。

最初は嬉しかったのですが、押しが強くて、返信するのが疲れてきました。私は焦らず時間をかけていきたかったんですが……。だんだん、LINEが来ると返信しなきゃと思ってしまい、LINEが来るのが重荷になってきました。」

ある時、Bくんとご飯の約束をしていたものの、風邪を引いてしまったマリさん。症状は重く、ご飯はキャンセルし仕事も休んで寝ていました。

「本当に具合が悪かったので、Bくんから1時間おきくらいに『大丈夫?』『何かできることない?』『心配だよー』って送られてくるLINEが迷惑でしかなかったです。体調が悪いのもあり、プツンときてしまって『もうLINE送ってくるのやめてください』って送って、Bくんとの関係は終わりました。

その後、Bくんと共通の女友達と会う機会があったのですが、Bくんの話をしたところ、彼女もほぼ同時期にBくんから口説かれていたことが発覚しました。押されるがままに深い仲になっていなくて、本当に良かったです。彼女も同じことを言っていました」(マリさん)

やけにがっついてくる男性は、やっぱりろくでもない!とマリさんは思ったそうです。

■ダメ男3:出会って間もないのに甘い言葉をたくさん言ってくる。

サラさん(35歳・アパレル系・仮名)はかなりの恋愛体質。飲み会で出会ってすぐにCくんと意気投合します。

「Cくんは出会って1週間もたたない内に『 大切にしたい 』とか『 久しぶりに本気で好き 』とか、甘々なことを言ってきました。その時は私も恋愛フィルターがかかっているので、Cくんの言葉に酔いしれてしまいました。

すぐ付き合うことになったのですが、なかなか家には招いてくれなくて聞いてみると、元カノとルームシェアをしていたんです。

もちろん『それって同棲している彼女がいて、私は浮気なのでは?』と疑いました。そうではなくて、別れているのは本当だったのですが、引っ越すタイミングを見失って、ルームシェアという形になっていたみたいです。

『元カノには彼氏がいるから、ほとんど家にはいないし』というのも嘘ではなかった様ですが、元カノと暮らしてる彼氏なんて嫌なので、私は早く引っ越すように催促しました。

そしたら『自分のことは自分で決めるよ』とウザがられて、面倒そうな態度に急変しました。それから付き合って1ヶ月もしないうちに『やっぱりやめよう』って言われました」(サラさん)

熱しやすい男は冷めるのも早い。初っ端から甘々な男は要注意!とサラさんは言っています。
付き合う前に浮気男・ダメ男は見抜きたいものですね。

取材・文/まなたろう

頭ではわかっていてもついひっかかってしまう……。