恋愛&結婚 【コロナ婚活】ディスタンスお見合い、超早朝デート……コロナ禍のアラフォー婚活悲喜こもごも~その1~

2020年10月8日、経団連は少子化対策の推進に向けた緊急提言を発表。その背景には、新型コロナ感染拡大で婚姻数が減少していることがある。

政府の人口動態統計速報をひもとくと、今年1~7月の婚姻は前年同期比14.7%減。少子化の加速につながることが懸念されている。

コロナ以降、婚活はどのように行われていたのか……本誌は、コロナ禍中に婚活をしていた女性に話を伺っている。

小島真奈さん(仮名・40歳・不動産関連会社勤務)は、コロナ禍真っただ中の3月に婚活を始めた。 

“オタサーの姫”はチヤホヤされるために結婚しなかった

真奈さんは40歳になるまで、結婚願望がほとんどなかった。

「マウント体質というか、私はたぶん、性格が悪い。これは婚活を真剣にし始めたからこそ気付けたのですが、私は女性に対してマウンティングしまくってしまう性格。これはもう変えようがないんです」

女性に対してマウンティングをするというのは、飲み会や宴会にいる若くてかわいい女性を徹底的に叩き潰そうとしてしまうことだという。例えば、発言に対して揚げ足をとったり、発言の間違いを指摘したり、衣服についてみんなの前であげつらったり……。

「30代の頃は仕事もうまくいっていて、彼氏も切らさずにイケイケだったので、かなり失礼なことをしてしまっていたと思います。ある飲み会では、女の子が泣きながら帰ったし、ある合コンでは、怒ってケンカになった女の子もいました」

それも、自分がその場でいちばんでありたいから。

「たくさんの男性の中で、“特別な自分”でいる自分が大好きなんですよ。婚活をするまで、私は美人だと思っていたので、“紅一点の高嶺の花”だと勝手に思っていた。でも、3月から9か月の婚活で気づいたのですが、当時の私はいわば“オタサーの姫”だった」

オタサーの姫は、チヤホヤされるためもあり、結婚をしなかった。

「結婚したいとは言いながらも、結婚したらモテなくなると思っていた。でも、周囲の男性が全員結婚してしまい、そして新型コロナがきた。このままずっと一人で生きていくのはホントに嫌だと思ったのです」

出会いの手段として、認めたくなかったマッチングアプリと結婚相談所

1 2