恋愛&結婚 【恋愛講座】いつまでも同じ想いではいられない?年齢を重ねて変わっていく恋愛観3つ

彼の事は大好きだけど、将来の結婚を考えるとこの人でないほうがいいのかも?……なんて悩んでいる人は一度立ち止まって考えてみましょう。年齢を重ねるにつれて、女性の恋愛観は変わってくるものです。結婚は長い年月にわたって同じ人と一緒にいるということ。今だけの価値観だけで考えると後悔してしまうことも……。それでは、年齢とともに恋愛観はどう変わっていくのでしょう?具体例をご紹介します。

1.相手の外見にこだわらなくなる

若いうちは相手の外見など、わかりやすい面を重視する人も多いでしょう。「生まれてくる赤ちゃんのことを考えると、イケメンの相手でなくちゃ」「毎日見る顔ならイケメンの方がいい」という若い女性も多いかもしれません。ですが、結婚して毎日一緒に生活していると、外見が好みかどうかよりも、安定した生活が送れるかどうかの方が重要になってきます。

また、女性にモテモテで、いつも浮気の心配をしないといけない相手よりも、モテないけれど堅実で家庭的な男性と一緒の方が、ずっと心が穏やかでいられることに気づくのです。ドキドキする気持ちは徐々に色褪せていきます。それより穏やかで心が満たされることが大切になっていくでしょう。

2.愛するよりも愛されたい

若い頃は、エネルギーも有り余っているので、恋愛に対する情熱も強くなりがちです。好きで好きで恋焦がれて、寝ても覚めてもその人のことを考えないではいられないという激しい恋を求める人も多いでしょう。中には、その人に振り向いてもらえないとわかっていても、あきらめずに追いかけてしまう人もいるのでは?燃えるような恋に憧れたり、実らない恋と知っていながらも諦めきれなかったり、そんな経験は誰しもが持っていることでしょう。ですが、人は年齢とともに穏やかな気持ちへとシフトしていきます。辛い恋をして傷つくよりも、愛されて大事に思われることに幸せを感じるようになっていくのです。

1 2