恋愛&結婚 「君のこと、いつかは好きになれるかも」……女を10年間片思いさせ続けた男の狡さ〜その1〜

志村あきほさん(仮名・30歳)は現在小学生を対象とした塾で、講師のアルバイトをしています。かつては契約社員で事務をしていたのですが、業績の傾きにより退職。今の仕事に就いてから早2年が経過していました。

「楽だから事務を選んだし、次も同じ仕事を見つけようと思ったんですが、転職が難しくって。最近事務職は採用のハードルも上がっているらしいです。だから繋ぎで塾講師のバイトを始めたんですけど、いつの間にか数年経っていましたね」

男性とまともに話せないぐらいウブだった

そんなあきほさんは大学在学中が人生で最も楽しかったのだと言います。

「教職仲間であり、サークルが同じだった相手にずっと恋をしてたんです。Tくんって言うんですけど、見た目はちょっと小柄で可愛らしい感じ。モテモテって感じの男の子ではありませんでしたが、皆から可愛がられるタイプっていうのかな?マスコット的な雰囲気が合って、チョー好きだったんです」

あきほさんが彼を意識し始めたのはサークルに入って半年が経過した頃。飲み会で酔いつぶれた女の子を解放している姿を見て、キュンときてしまったとのこと。

「マジ面倒見が良くて、自分も飲んでいるはずなのに酔っている素振りも見せず……。しかもその女の子、めちゃくちゃ酔っていたのでゲロまみれだったんですね。みんながうわ~とドン引きする中、率先してサッと手を差し伸べたんですよ。その優しさに惚れました」

Tさんはとりわけ目立つタイプではありませんでしたが、彼の行動はサークル内でも評判になったのだとか。

彼女は恋心を抱きながらも、恋愛に奥手だったためなかなかアプローチができません。友人を介して喋る、頑張って側に寄る程度が精いっぱいで、デートに誘うこともままならなかったそうで……。

「実は高校生の時もまともに恋愛したことがなかったんです。ずっと女子高で、男の子に縁がなかったというか。知り合った相手と2か月付き合った経験しかないから、どうアタックしていいか分からなかったんです」

あきほさんは黒髪のパッツン前髪にセミロングヘア、黒いワンピースを着て少しおとなしそうな雰囲気をしています。

ですがスマホやポーチ、鞄は全てキャラクターもので子供っぽさが否めません。話し方も「超」「マジ」や語尾を伸ばすため、あまり年相応ではないような……。それに同い年の彼を“男の子”と表現するのにも違和感を覚えてしまいました。

「片思いのまま大学2年の終わりくらいになっちゃって、周りの友達からは“いつまでモタモタしているんだ!”と(笑)。あんなに優しい男ならすぐ誰かと結婚しちゃうよ~なんてせかされてTくんに勢いで告白したんです。でも、フラれちゃいました」

1 2