恋愛&結婚 結婚10年目、愛され妻が語る「“察して”をやめるまでは壮絶でした」~その1~

2020年11月22日(いい夫婦)の日に発表された、ネット調査(※)で、理想の芸能人夫婦の1位は仲里依紗さん・中尾明慶さん夫妻。2位は北川景子さん・DAIGOさん夫婦。3位は榮倉奈々さん・賀来賢人さん夫婦と続く。

彼らの共通点は、同業で夫婦共働きであること。フラットな関係であり、SNSで夫婦の仲の良さが伺えること。ここでは壊滅的な夫婦関係だったのに、“妻主導”で関係修復をし、今では“仲良し夫婦”になっている女性から、その秘訣を聞いてみた。

※株式会社冒険者プラコレが主催「11月22日(いい夫婦)の日調査」、20~30代女性511人が回答。

愛情なんてお互いになかった

中村凪咲さん(仮名・39歳)は都内のIT関連会社に勤務する二児(8歳娘・10歳息子)の母。夫は同じ年の高校の同級生で不動産関連会社に勤務している。授かり婚なので、結婚10年「ある時点」までは、夫は家事も育児も一切せず、モラハラで、家にお金も入れず……だったが、今は家事をしっかりこなし、凪咲さんからのLINEに時短で返信するという。フツーかもしれないけれど、モラハラな過去を考えれば飛躍的な進化だ。「ある時点」に何があったのか?

「私がブチ切れて、離婚届けを叩きつけたのが、結婚3年目。第二子が生まれたばかりの頃かな。さすがに1回キレると、夫の心を動かしたみたいで、そこから3年くらいかけて、夫の意識は変わっていきました」

小柄で優しそうで知的な凪咲さんは、どのようにキレたのだろうか。

「キレるのは簡単です。テーブルをひっくり返し、『離婚する。マジムリ』って心の底から言えばいいだけ。でも体が大きくて頑固な夫をあそこまで威嚇できるのは、子どもを産んだ直後だったからでしょうね。今はムリ(笑)」

凪咲さんと夫の関係は、高校の同級生。そもそも2人の関係は、28歳のときに開催された、高校同窓会の飲み会。

「中堅の県立高校で、私は地元がイヤだったので、大学時代から東京で一人暮らしをしていたんです。私は地元が嫌いで、自宅から通学していたのですが、20歳から結婚を意識し、27歳まで交際した男性は7人。彼女として大切にされても、全員に結婚してもらえなかった」

凪咲さんは東京の富裕層家庭の“嫁”になりたかった。

「東京都心に実家があるかどうかを聞いてから好きになっていましたから、相手からは“重いんだよ”って断られていた。当時の彼氏にフラれた3か月後に地元の飲み会があって、参加したら夫がいた。勤務先がそれなりの企業で、顔も悪くなかった。都心方面で一人暮らしをしているというので、そのまま彼の家についていき、流れで男女の関係になって、そこからお互い忙しくて会わなかったんです。そしてその2か月後に妊娠していることがわかった。もう絶対に彼しかいない。このように、私たちには最初は愛情なんてなかったんですよ」

妊娠を告げた夫の意外な反応

1 2