恋愛&結婚 【恋愛講座】もはや深追いは禁物!男性の脈なしサイン4つ

3:2人きりになるお誘いはしない

多くの男性は、好きな女性をどうにかして誘いたいと思っています。特に告白しようと決めていなくても、機会があれば誰にも邪魔されないで2人っきりで話したいと思うものです。だから、好きな相手に対しては、買い出しだ、打ち合わせだと口実を作っては、2人きりになる機会を作ろうとするはず。気が付くと何かと呼び出されることがあるなら、これは脈ありでしょう。

一方、普段仲良く話していても、2人きりになる用事のお誘いもなく、遊びに行くのもいつも他の仲間と一緒という関係が長く続いているようなら、彼にとってはあなたは友達の一人なのかもしれません。脈なしの相手から勘違いされても面倒なので、そんなお誘いはしないでしょうね。

4:いつでも好感度抜群で愛想悪くしない

気になる彼がいつもあなたに対して愛想がいいというのは一見脈ありのようですが、実はそうでないことも多くあります。常に愛想がいいというのは、いつも外向きの顔をしているということでもあるからです。気を許していない相手には、常に外向きの顔で接するのが自然ですよね。

好きな人の前だと、自分の本心をさらけ出したくなるもの。機嫌が悪い時や調子の良くない時は、好きな人に気づいてもらったり、声をかけてもらったりしたい気持ちにもなるでしょう。そのため、あなたの前で機嫌の悪い時もあるなら、これは脈ありの可能性が出てきます。

好きな人には「自分のことを知ってもらいたい」と思うもの。

彼との可能性を見極めて!

気のない女性に対しても気のあるそぶりをする、根っからの女好きな男性もいますが、多くの男性は気のない女性を気にかけているほど、暇も余裕もないのが現実です。男性は脈なしの彼女にはドライなもの。そんな様子が感じられたら深追いは禁物です。

1 2