恋愛&結婚 コロナ禍でまさかの愛再熱!同棲4年のマンネリ彼からプロポーズされたきっかけとは?〜その1〜

そもそも、彼への熱が冷めてしまった理由はなんでしょうか?

「ゴールが見えなかったからですね。付き合い始めが25歳、そこから何年か続いたらやっぱり結婚を意識するじゃないですか?特に私たちは付き合って1年で同棲していますし、フラグはビンビンに立っていたはず(笑)。なのにプロポーズの言葉も、結婚に関する話題もない。ただ一緒に住んでいるだけの関係が長引けば、そりゃあもう冷めますよ」

他にも、彼氏さんへの不満は色々あったのだとか。

「彼、釣った魚に餌をやらないタイプなんです。まぁ付き合い始めの頃は尽くしてくれましたけど、一緒に住んだらあっという間に手のひら返し。気付けば私がずっと彼を追いかけている状態になってしまいました。

彼は仕事柄、飲み会など付き合いが多い人なのですが、“今日は遅くなる”といった連絡も徐々になくなり……。一緒に住んでいるから大丈夫だろうって感じがすごかったんですよね。私に何も言わず、友達と遊びに行ってるとかもありました。それを共通の知り合いのSNSを見て気付くっていう」

けれどもクリスマスや年越し、ホワイトデーなど、イベントがあるときは必ずデートに連れていってくれたそう。春香さんへのプレゼントも用意するなど、決して愛情がなかったわけではなさそうです。

「きちんとやってくれるところはあるんですよ。だから私も踏ん切りがつかなかったんですよね。ただ普段の生活はそんなんだし、結婚の話を匂わせると逃げる。“仕事を頑張りたいから、待って”と言われ続けて数年ですからね……。もういい加減にして!と、私もしびれを切らしていました」

自粛中に見つけたあるものが、愛が再燃するきっかけに

春香さんはリモート、彼は出社という生活スタイルですが、土日はどちらもお休み。出かけるわけにもいかないため、2人でじっと家で過ごしていたそうです。

その間もこれといった会話はナシ。しかし、片づけをしていた春香さんが押し入れから“あるもの”を発見したそうで……。

「暇で片づけをしていると、押し入れからPS2(PlayStation2)を発見したんです!私は昔そこそこのゲーマーで、一番PS2が大好きだった。実家からわざわざ持ってきて、同棲したての頃は彼とよくゲームしてたんです。会話もないし、やることも見つからないから、久しぶりに電源を入れてみたんですよ」

すると彼は春香さんの行動に反応、かなり食いついてきたと言います。

「懐かしい!とかすごく楽しそうに言っていて。結局その週末は一緒にゲームしてたら休みが終わりました。ただこれをきっかけに、徐々に会話が増え始めたんですよ」

同棲したての頃を思い出したのか、二人はゲームで白熱したそう。そこからマンネリ化していた2人の生活は、徐々に変わっていき……。~その2~へ続きます。

外出自粛生活では、お互いのネガティブな面だけでなく、ポジティブな面を実感することもある。
1 2