恋愛&結婚 容姿、年齢、収入、性格……婚活中の人の約7割が途中で変更している「相手への条件」とは?

婚活開始時にあげた相手の条件、1位「年齢」、2位「性格」

婚活を始めた時にあげた「相手への条件」で最も多かったのは「年齢」で75.7%。次いで「性格」「容姿(顔)」「一緒にいて楽しい」と続き、どれも50%以上の人があげていました。ランキングを見ると、「話や意見が合うか」や「収入」なども半数近い人が条件に入れていて、「職業」や「学歴」より「収入」を重視していることがわかります。また3人に1人は「居住地」をあげていることもわかりました。

初めは年齢が気になるけれど……。

婚活途中で外した相手の条件、1位「容姿(顔)」、2位「身長」

では婚活の途中で条件を変更した人はどれくらいいるのでしょう。アンケートによると、69.3%の人が当初あげた条件から変更をしていることが判明。その内容で最も多かったのが、「容姿(顔が好みか)」で18.6%、次いで「身長」(15.7%)、「年齢」(14.3%)と続きました。ちなみに、婚活を始めた当初「容姿」を重視した人は54.3%だったので、約3人に1人が婚活途中で条件から削除。「身長」は27.9%だったので、その半数が条件から外したことになります。

さらに詳しく意見を聞いていくと、いろいろな相手を見ていく中で、自分に必要な条件が変わっていったことが明らかに。条件を外すことは妥協ではなく、理想の生活のイメージに柔軟性が持てたと考えている人が多いようです。

出会っていくうちに見た目は気にならなくなっていく……?

相手の条件を変更して出会いが増えた人は半数以上

約7割の人が婚活を進めていくうちに相手の条件を変更していましたが、その結果はどうなったのでしょう。実際に「出会いが増えた」と答えた人は35.7%。つまり条件を変更した人が7割と考えると、半数以上が「条件を変更して出会いが増えた」ことがわかったのです。さらに「これを書いたら出会いが増えた」というプロフィールについても尋ねてみると、様々なエピソードが集まりました。

★情報を追加したら出会いが増えたエピソード★

・美術やラジオが好きであることを追加したら、同じ趣味の方から連絡をもらうことができました。(岩手県/27歳男性)

・女性と話すことが苦手なことを追加したら出会いのチャンスが増えました。自分の弱みを見せました。初対面だと緊張して会話が弾まないことを伝えることにより、相手も分かってくれて2回目・3回目のデートにつながりました。背伸びせずに、等身大の自然体な婚活を心掛けてから出会いが増えたと感じます。(静岡県/36歳男性)

・家事が苦手ということを隠していましたが、正直に話すと、一緒に頑張ろうと言われるとこが多くなりました。(徳島県/31歳女性)

・恋愛経験が少ないことが恥ずかしかったのですが、きちんと記載するようにしたらメッセージが増えた(長崎県/33歳女性)

・最初は顔がはっきりと写った写真を載せるに抵抗があったのですが、途中から、写真館で撮影してもらった写真に変えたら連絡を貰える頻度が増えました。(福岡県/32歳女性)

こうしてみると、婚活の場を重ねるとともに、多くの人が条件やプロフィールに工夫を凝らしていることがわかります。特にプロフィールでは、自分の弱点を隠すのではなく、等身大の自分を見せることで、より多くの人に興味を持ってもらえたという意見が多いことがわかりました。条件は絞りすぎず、そして自分を偽らずにアピールすることが婚活成功への近道なのかもしれませんね。

ちなみに婚活成功者も多くの失敗や苦労があったようです。今回の調査では3割以上の人が「自分が良いと思う相手に選ばれない」「あうと思う人が見つからない」「会ってみるとイメージが違う」といった悩みを抱えていたことがわかりました。それでも条件やプロフィールを変更するなど試行錯誤しながら、婚活をし続けたことで成功が手に入ったようです。つまり「諦めずに続ける!」ということも大きなポイントになりますね。

1 2