恋愛&結婚 【恋愛講座】要注意!そのまま送ると彼に誤解されやすいLINE 4つ

今や恋愛の最強ツールでもあるLINE。会えない時も、密にコミュニケーションがとれ、愛を育むことができます。ですが、そんなツールも使い方を間違えれば逆効果に……!誤解されてお別れということにもなりかねません。

それでは、どんなLINEの内容が誤解を生みやすくなるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

1.相手を試すようなLINE

本当は怒っていないのに怒って見せたり、本当は気になって仕方がないのに、つれないふりをしてみたり……。恋愛にはそんな駆け引きが多くあるものです。ですが、そんな駆け引きをLINEでもしてしまうのは考えもの。現実のデートでは相手の顔色を窺ったり、細かい言葉のニュアンスも雰囲気や仕草でわかったりしやすいものですが、文だけのやりとりだと、そういった細かい相手の心の内がわからないもの。特に鈍感なタイプの男性は、言葉の意味をストレートに読みとりがち。思わせぶりは誤解しか招きません。相手を試すようなメッセージを送ったら、誤解ばかりされてしまうという悪循環に陥ってしまうかもしれませんよ。

2.長文のLINE

彼とたくさんコミュニケーションをとりたいと思うあまり、長文のLINEを送ってしまう女性がいます。ですが、これは要注意。そもそも文章を読むのが苦手という人も少なくありません。そんな人は、長い文を見るだけでうんざりすることがあるのです。それでなくても、長文は結論がわかりにくくなる傾向にあります。長文のLINEだと、うまく意味が読み取れないという男性が出てきて当然。ちょっとした読み違いで、間違えた解釈をしてしまうこともあるでしょう。

送り手がいくら気持ちを込めても、読み手がどう受け止めるかはわからないですよね。読み手の捉え方次第では、こじれにこじれて、喧嘩の種になることもあるでしょう。そうならないように、言いたい想いはたくさんあっても、短文でやりとりするようにしましょう。

1 2