恋愛&結婚 後輩が彼の子を妊娠、社内恋愛失敗の爪痕……未婚アラフォー女子の後悔と孤独~その1~

新型コロナウイルスの影響で結婚する人が戦後最低レベルまで激減しているという。厚生労働省の人口動態統計(速報値)によると、2020年1~10月の婚姻数は約42万5000件で前年同期比13%減。とはいえ、コロナ禍でも婚活マーケットは盛況だという。

お話を伺った、佐藤優菜さん(仮名・43歳・派遣社員)は、コロナ禍から婚活を始めたが、「同世代からはほとんどニーズがなく、紹介されるのは“将来の介護要員”を探しているのでは? と思う高年齢の人ばかりなんです」とこぼす。

交際している男性に浮気をされ続けてきた

優菜さんは、スッとした美しい女性だ。明るい栗色のボブにベージュのパーカーとデニム。流行の革ボストンがスタイリッシュだ。ボーイフレンドはたくさんいるけれど、「女性として見てもらえない」のだという。

「女性として見られないとは、恋愛……つまり心だけではなく、体も……その対象ではないということ。自分でも魅力がないとは思いたくないですが、いわゆる“モテ”がない。35歳くらいまではそういう誘いもありましたが、36歳になると一切なくなりました。誘いはあっても、遊びか、既婚者ばかり。今はそれすらもなくなりました」

優菜さんは潔癖なところがある。本命の彼女や妻がいるのに、他の女性に手を出す男性のことを、蛇蝎のように嫌っている。

「自分が水瓶座ということもあるかもしれないけれど、そういう“目に見えないだらしなさ”が嫌いなんですよね。不倫している女性って、微妙な弱さと甘えみたいなものがあり、それが自分を腐らせてしまっていることに気付いていない。夫婦がお互いに割り切って、妻も認めているとかいう浮気相手もいますが、それはかなりの少数派。それだって健やかではないと思います」

ここまで浮気を憎むのは、自分自身がさんざん浮気をされてきたからなのだそう。

「35歳までに交際したのは10人ちょっと。全員が“優菜といると息が詰まる”と言って浮気をしました。全員ですよ。半年くらいしか恋愛が続かない。男性側から告白してきたのに、浮気するって……意味がわからないんです。そして、浮気相手が妊娠して、本命彼女だった私が捨てられる例もいくつかありました。私が30歳の時に、それまで勤務していた会社を辞めたのも、社内恋愛がこじれたからです」

仕事がデキず、向上心もない“ゆるふわ女性”が運命を暗転させた

1 2