恋愛&結婚 【恋愛講座】気のない証拠!注意すべき脈なしLINE4つ

LINEは今や恋愛の最強ツールのひとつ。しかし、うまくいっているように見えるLINEでのつながりも、実は脈なしの場合もあるんです。それでは、一体どのようなLINEが脈なしなのでしょう。具体的にアドバイスします。

1.社交辞令の「また連絡します」

気になる相手から「また連絡します」と言われれば、誰だって期待してしまうもの。この言葉からネガティブな意味を感じる人はいないでしょう。ですが、社交辞令で「また連絡します」と書く人が多いのも事実です。期待してずっと待っていたけれど、ぜんぜん連絡がこなかったということも少なくありません。

本当に連絡するつもりがあるなら、「また連絡します」という言葉ではなく、具体的なデートの約束の段取りが来ているはず。「また連絡します」ばかりで、具体的な話が来ない時は残念ながら脈なしの可能性が大ですね。ずっと待っていたら時間ばかり過ぎてしまうので、早々に切り替えて、別の人を探す方がいいでしょう。

2.一行だけの返事

一般にLINEの返事は短く、簡潔でわかりやすい方がいいとは言われていますが、一行だけの短い返事が続く場合は要注意です。そもそも、メッセージが短いということは、そこにはあまり深い意味が込められていないということ。気になる相手には男性も積極的にコミュニケーションを取りたいはずです。熱意があればマメに連絡してきたり誘ってきたりするでしょう。あなたのLINEに対して、短い事務的な返事しか来ないなら、会話を続けようとする気はないはず。必要以上のコミュニケーションは取りたくないという意図が透けて見えます。早めに見切りをつける方がいいかもしれません。

1 2