恋愛&結婚 25歳でアプリ婚した男性の体験談!遊びでマッチングアプリを使ううちに結婚したくなった意外な理由とは?

「アプリでいい人に出会えるの?」「登録してる男性は、遊び目的が多そう!」と、マッチングアプリでの出会いには、まだまだ抵抗を感じる方も多いですよね。しかし中には、アプリでいいお相手に巡り合い、アプリ婚に至るカップルも実在するもの。今回は、マッチングアプリを使っているうちに結婚への意欲が高まり、アプリ婚をしたばかりという男性にお話を伺ってみました。

出会いからアプリ婚、そして出産までを描いた連載コラムはこちら

始めたのは失恋がキッカケ

会社員の白方さん(仮名/25歳)は、ポーカーフェイスで知的な印象の、整った顔立ちのメガネ男子。白方さんは、そこそこ重い片想いの末に失恋し、それがキッカケでマッチングアプリを始めます。色々な女の子と出会って遊びたい、失恋の傷を癒やしたい、という気持ちや、いい子がいたら付き合いたいという気持ちが混ざり合っており、“将来まで考える真剣なお付き合い”という目的ではなかったそうです。

しかし、アプリを初めてみたものの、初めはアプリでのやり取りに慣れず、白方さんはなかなかモテませんでした。

「最初はメッセージの頻度とか、デートへの誘い方とかがスマートではなくて、とにかくグイグイ行っていたので全くモテませんでしたね。ですが、1か月もアプリをやっていると、徐々に慣れて余裕が出てきました。それから、だんだんと好みの女の子をうまく誘えるようになって、デートに漕ぎつけるようになりましたね」

好みの女性と付き合えたものの……

白方さんは、それからアプリで8人〜10人程の女性とやり取りし、デートを重ね、無事にその中のひとりとお付き合いにいたります。しかし、白方さんは上手くいっていると思っていましたが、付き合って2か月になろうとするころに状況が一変。お相手の女性の態度が微妙になり、連絡が途絶えてお別れしてしまいます。その時は「どうして突然」と悩みましたが、後からよく考えてみると、白方さんには心当たりが……。

「実は僕、彼女と付き合うことになってからも、アプリを退会していなかったんです。そのことについて深く考えていなかったというか。なんとなく付き合ってからも登録したままにしていました。それが多分嫌だったんだと思います」

後から彼女のアプリのプロフィールを見ると、「真剣なお付き合いをするなら、付き合ったらアプリは退会して欲しいです」と書いてあったそうです。確かに、お付き合いしている男性がアプリを辞めなかったら、自分とは遊びなのかと疑ってしまいますよね。

アプリ疲れからの婚活を決意!

白方さんは、何人もの女性とデートを重ねた末、やっとマッチングして付き合えた女性とのお別れを経験し、「疲れた」と感じたそうです。

「マッチングアプリでは、男性はまず、女性に『いいね』を送り、メッセージのやり取りをして、LINEを交換、デートの約束、というように、ステップを踏んで女性と少しずつ親密になって行くわけです。階段を登るように、一歩一歩上がってダメになったらまた一から、というループです。だから、またこれをくり返すのか〜と思ったら、本当に面倒に感じたんです 」

何度も出会いをくり返すのがしんどくなった白方さんは、「結婚したい!」と思うようになります。

「もう何度も出会いと別れをくり返すのは嫌だと思って、今度付き合う人とは結婚を前提にお付き合いしたいと思いました」

白方さんはアプリの自分のプロフィールにも『結婚前提のお付き合い』と付け加え、今度はアプリで真剣に婚活を始めます。

趣味の合う女性とアプリ婚へ

それから白方さんは数人の女性とアプリでやり取りをします。今回は結婚が目的なので、相手とよく話してお互いのことを深くわかりたいため、夜のデートではなく午後のカフェデートなどに誘ったそうです。

「何人かと会ううちに、音楽の趣味がすごく合う女性と知り合いました。だいたい、デートが終わってから改めて、また次回のデートの約束をするんですが、その時はデート中に、すでに次に映画を見に行く約束をしていました。すごく波長が合うと感じたんです」

白方さんはその女性と一年付き合った後に無事に結婚。今も仲良く過ごしています。

どんな出会いでも、理想の相手を見つけるのは簡単ではないですよね…。

出会いが多いゆえに『遊び』のイメージが強いマッチングアプリ。そんなアプリを使いこなすうちに、逆に結婚への意欲が高まることもあるとは、興味深いですよね。短期間でたくさんの出会いと別れをくり返すと、誰ともつきあわずにひとりでいいやと思うか、ひとりの人と落ち着きたいと思うか、どちらかの場合が多いような気がしますね。

取材協力/マッチングアプリなび
取材・文/まなたろう