恋愛&結婚 元カレの「コソ婚」、先輩たちの妊娠・出産!取り残されたアラサー女子に訪れた運命の出会い~その1~

新型コロナウイルスの影響で結婚する人が戦後最低レベルまで激減しているという。厚生労働省の人口動態統計(速報値)によると、2020年1~10月の婚姻数は約42万5000件で前年同期比13%減。とはいえ、コロナ禍でも婚活マーケットは盛況だという。

「結婚件数が減っているのは、ウソじゃないかと思う」と言う、井沢杏子さん(仮名・33歳・IT関連会社勤務)に話を伺いました。

「コソ婚」だらけで、会社に行くのが辛い

杏子さんは「1回目の緊急事態宣言が明けて会社に行ったら、真面目に自粛している私がバカを見ました」と言う。

堅実なイメージがある国立女子大学出身で、一時期は国家公務員を目指していたという杏子さんは、世の中の規律やマナーをきっちり守る人だ。

「ルールもマナーも世の中からトラブルを無くすためにあります。人間関係が円滑になるためのものなので、守った方がいい。ただ、コロナ禍は、ルールのために自粛をすることが多く、そのことを冷静に考えず、鵜呑みにして全て守っていました」

家からほぼ出ず、仕事もリモートでこなした。加えて感染するのも怖かった。

「でも、会社はリモートと言っていたのですが、実質はそうではなかったみたい。後から聞くとけっこうな人数が出社していたことがわかったんです。さすがに3月末から4月第一週あたりまではリモートでしたけれど、その後はまた出社。そもそも家で仕事をするのはやっぱり難しかったです」

杏子さんは、3か月間のリモートワークを完遂した。それを経て会社に行くと、待っていたのは、社内結婚や、イケてる男性社員の電撃結婚の噂だった。

「コロナ禍で私の周りには結婚した人が増えました。おそらく、あの緊急事態で“一人で死にたくない”と思ったのでしょうね」

コロナ禍で目立ったのは、職場に正式に報告しない「コソ婚」(コッソリ婚)だという。

「人事と総務だけに報告し、同僚にも特に言わない“コソ婚”だらけでした。社内外の”自粛警察”にバレたら不快な思いをするというのが、コソ婚が増えた理由のような気がします。そして私はどうも、会社内外の人から、自粛警察だと思われているようでした。誰かの結婚の噂を聞くたびに、そういう”気遣い”という名の疎外をされている気がして、辛かったですね。一時期、会社に行くのも辛かったです」

コッソリ結婚する人が増えた後に、“取り残され感”に傷つく

1 2