恋愛&結婚 言っちゃダメ!口にすると破局につながるセリフ3つ【恋愛講座】

恋人同士にケンカはつきもの。「雨降って地固まる」というように、思いを吐き出した方がお互いに対する理解が深まり、うまくいく場合も多いでしょう。ですが、感情のままに相手に言ったら取り返しがつかなくなる、絶対に言ってはいけない一言もあるのです。

ここでは、思わず言っちゃっただけなのに別れました、というセリフをご紹介します。くれぐれもぽろっと言わないように気を付けましょう。

1.じゃあ別れる?

彼とケンカをすると、ついつい「じゃあ別れる?」と言いたくなってしまう人も多いのでは?ですが、本気で別れたいと思う時以外は言わないようにしましょう。ケンカしている時は、相手も興奮しています。売り言葉に買い言葉ではありませんが、高い確率で彼からも「ああ、じゃあ別れよう」と言われることでしょう。そうなると、お互い引くに引けません。そのまま結局別れたというカップルは結構多いのです。

特に自分の方に非があるのに、相手に「じゃあ別れる?」と言ってしまうのは致命的です。自分に非がありながら、謝るのではなく、高飛車に出てしまうのは、火に油を注ぐようなもの。相手の怒りをさらに倍増させます。彼としては「ああ、じゃあ別れよう」としか言いようがありません。

2.あなたのすべてが大っ嫌い

ケンカして怒っている時は「あなたのすべてが大っ嫌い」と思うこともあるでしょう。ですが、これはかなりのパワーワードでもあります。言われた方がかなり傷つく言葉ですよね。ケンカに繋がった原因について言われているのならまだしも、この言葉は彼の全人格の否定です。そうなると、彼としても「本当に俺のこと好きだった?」と思ってしまうわけです。もともと好きでないのに無理して付き合っていたのか、愛情があるように思っていたけれど一方的だったのかと、疑い始めるかもしれません。そうなったら二人の亀裂はなかなか収拾がつかないでしょう。

仮にあなたが後日折れて謝ったとしても、彼の中のもやもやはずっとくすぶり続けます。そして、また何かあるたびに「本当に俺のこと好きなの?」という疑問が繰り返されるでしょう。「あなたのすべてが大っ嫌い」という言葉は二人の信頼関係にも大きく影響してきます。

1 2