恋愛&結婚 カップル長続きの秘訣は女性にアリ!?彼氏をうまく転がす女性がしている3つのこと

毎日連絡を欠かさないカップルもいれば、週に1回しか連絡を取り合わないカップルもいます。デートプランは彼が決めるカップルもいれば、彼女が率先して決めるカップルも。

カップルの数だけそれぞれの関係性があると言えますが、長続きしているカップルの中には、女性が上手く男性を転がしているケースも多いように感じます。一見、彼氏に主導権があるように見えるカップルでも、実は彼女が上手くコントロールしていることも…。今回は、彼氏をうまく転がす女性がしていること3つをご紹介します。

ちょっと大げさなくらい喜ぶ

男性は女性が喜んでくれることで、自分のプライドが満たされるものです。彼女のために何かをしたり、物をあげたりしたときに喜んで貰えると「俺は彼女を幸せにできる男だ」という自信につながるのです。誰だって、一緒にいる相手に自分との時間を楽しんで貰えると嬉しいものですよね。男性は特に女性に関しては「喜ばせたい欲求」が強いと言えます。ですから、彼のために彼女の方が身を粉にして尽くしているカップルが、なぜかあまり上手くいかないのも、このような理由が原因と言えるでしょう。

もちろん本当に彼に助けが必要な時に、手を差し伸べるのは当然のことです。しかしながら、女性が男性に必要以上に尽くしてしまうと「人を幸せにできる男」というプライドが満たされないため、男性はいつしか離れて行ってしまうことも…。

一方で、少し大げさなくらい彼のアクションに対して喜べる女性は、「彼女を楽しませられる男」という彼のプライドを満たします。男性をうまく転がす女性はその点をしっかりと把握しているため、彼からの小さなプレゼントに大喜びしたり、彼の話に爆笑したりして、「あなたといるととっても楽しい!」というアピールをし、男性のプライドを上手にくすぐっているのです。

彼に勝とうとしない

男性相手には「負けるが勝ち」と心がけるくらいでちょうどいいケースも多いもの。例えば、彼が得意げに披露してきたウンチクを、あなたの方が詳しく知っていたとしても「それ知ってるよ。しかも〇〇で△△なんだよ」と更なる知識を披露してしまうのではなく、「そうなんだね〜。私も耳にしたことはあるよ」くらいに留めておけるといいかも知れません。

他にも、彼とあなたの意見がぶつかった場合には、正論で彼を説き伏せてしまうよりも、「私はこう思うけど、そうなんだね」と彼の言い分にも耳を傾けてあげましょう。男性はプライドが高く、女性に尊敬されたり優位に立ったりしたいと思っていることも多いもの。なので、好戦的になってしまわずに、懐を広くして勝ちを譲ってあげましょう。

もちろん、どうしても譲れない意見は譲らなくていいですし、本当に間違ってると思ったら伝えるのは大切です。ですが、そうでもないケースでは、負けてあげる方が男性のプライドを傷つけなくて済むでしょう。それとなく男性を立ててくれる女性には、男性は心を開き、気を許してくれるもの。「負けるが勝ち」を知っている女性は、男性を手のひらで転がせるのです。

「彼がすべて」にせず、まずは自分を優先

彼氏が大好きなあまり、ちょっと無理をしても彼に合わせてしまう女性も少なくないですよね。疲れていても彼に呼ばれると喜んで出かけて行ったり、予定があるのを無理にキャンセルして彼の都合に合わせたり……。そのような無理は続けられないですし、いつしか彼にとっても重く感じられてしまうでしょう。

彼氏をうまく転がせる女性は、無理をして自分を犠牲にする恋愛では幸せになれないと知っています。自分の体調や、やりたい事を優先して、都合の良い女にはならないようにしています。

また、彼氏をあなたにとっての「すべて」にしないのもポイントです。「空いた時間は常に彼氏と一緒」ではなく、恋人と一緒にいない時間も充実させましょう。友人や仕事や趣味など、恋愛以外にも自分の居場所を持つことは、精神的な安定にもつながります。彼氏だけがすべてではないという心の余裕がある女性は、依存しすぎずにいい関係を保てるのです。

男性を手のひらで転がす女性は精神的に自立している傾向

男女の関係性は、その当事者にしか分からない部分もたくさんあります。ですが、うまくいっている関係には「笑顔」が多いのは確かです。彼女が嬉しくて笑顔になり、それが嬉しくて彼も笑顔になり、更に彼女を喜ばせようと奮闘する…、というハッピーな連鎖をつくることが、お付き合いが長続きする秘訣かも知れません。

取材・文/まなたろう

よく読まれている恋愛記事をチェック!
言っちゃダメ!口にすると破局につながるセリフ3つ
「ほかに女いるよね!?」をことごとく否定され……1年半信じ続けた6歳下の二股男の言い訳~その1~
婚活開始後20日で入籍したアラフォー女子がしてきたこと~その1~