恋愛&結婚 コロナ禍だからこそ! 不安を乗り越えられるカップルと乗り越えられないカップルの違い3つ【恋愛講座】

なかなか先の見えないコロナ禍。カップルにとってもコロナ禍は試練のときです。恋人同士とはいえ、なかなか会いにくい環境の中、恋愛を継続していくのは難しいものがあるでしょう。特に、スキンシップがはばかれるこんな時期は、気持ちだけが真実で、まやかしの恋愛はとても長続きはしません。そのため、破局してしまうカップルもいれば、強い絆で結ばれるカップルもいます。一体何がその明暗を分けるのでしょう?ここでは、その違いについて見ていきます。

コロナ禍で別れるカップル、絆が深まるカップルの違いとは?

1.不安を素直に口に出せるか

コロナ禍で、不安を全く感じていない人はいないでしょう。仕事もリモートになったり、慣れない生活でストレスがたまったり、なにかと見えない未来に対して動揺してしまうものです。自分が感染してしまわないか、自分が誰かにうつしてしまわないかという心配はずっとついて回ります。家族ももちろんですが、もし彼にうつしてしまったら……。そんな気持ちをため込んでおくとイライラがたまってきてしまいます。それをついつい相手にぶつけてしまうカップルは別れてしまうカップルです。お互いうまくいかないことをぶつけてしまうと、会えないことが多い昨今、なかなか仲直りも難しくなってしまうでしょう。

一方で、イライラを相手にぶつけるのではなく、素直に不安だということを言えるカップルは絆が強まるカップルです。弱みをさらけ出すことで、相手もきっと安心できる言葉を尽くしてくれるはず。きっと愛を育んでいけるでしょう。

1 2