仕事&マネー 3度目の緊急事態宣言……テーマパーク、百貨店、飲食店で働くアラサー女子のリアル~その1~

催事の準備がすべて無駄に……

「あまり詳しくは言えないのですが…」と都内の名門百貨店に勤務し、コロナ禍中に転職。現在はBtoBの企業に勤務している木下佐和子さん(仮名・32歳)は、当時の百貨店について語る。

「私が“もうだめだ”と転職を決めたのは、1回目の緊急事態宣言の時でした。結局、あの時にさっさと現状に見切りをつけてよかったと思っています。でも同期はまだたくさん勤務しています」

コロナ禍で佐和子さんが、大好きだった百貨店業界を去ったのは、自分の心を守るためだった。

「私は百貨店の企画関連の部署にいました。百貨店って、毎日文化祭をやっているような職場なんですよ。常にたくさんの催事が動いていて、置く商品を引っ張ってくる部隊があり、海外のレストランを誘致する部隊があり……全力でそれぞれのプロが、会社の利益のためもあるけれど、“獲ったど~”というあの感覚のために魂を燃やしていました。コロナ禍前、私は超難易度が高い催事のチームにやっとのことで入ることができ、命を燃やして、海外への出張もしつつ、心身をボロボロにしつつ、めちゃくちゃ燃えて準備をしていました。超厄介な調整がすべて終わって、いざやるぞ! となった時に休業してしまった……あの時は生きる気力を失ってしまいました」

その催事は、上層部の期待値も高く、佐和子さんのチームは交渉をまとめたときに「よくやった」というねぎらいの言葉をかけられたと言います。

「それが中止。相手は海外企業だったので、コロナ禍とはいえ違約金が発生しました。もはや英雄から戦犯みたいな扱いとなり、手のひらを返されました。催事って、開催して多くの人が楽しんで、その人たちの笑顔を見て、営業利益を出してこそ。それがコロナ禍で全部中止になってしまいました」

佐和子さんは、本気で自殺も頭をよぎったという。しかし、異変を察知した両親の支えで無事立ち直った。特に母親は佐和子さんの家に泊りに来て、「仕事で死ぬことはない。気持ちはとてもわかる。でも生きていればなんとかなる。佐和子が好きだ」と言い続けてくれた。

「本当にありがたかったです。そうこうするうちに、気持ちを持ち直してきて、なんだかバカバカしくなってしまい転職しました。あれだけ憧れて入った業界だったのに、転職したら気持ちはすっかり離れました」

勤務年数が少なかったため、退職金はなかったという。

楽しみにしていたことが奪われることよりも、努力が無駄になることのほうが辛かった。

会社員を辞め、飲食店を立ち上げるが、コロナ禍直撃……~その2~に続きます。

1 2