恋愛&結婚 オシドリ夫婦7年目の離婚。ゆっくりと着実に関係を冷え切らせた原因とは?〜その1〜

離婚の原因というと、性格の不一致、金銭的問題、浮気など色々ありますが、本当のことは当事者にしか分からないものです。何の問題もなく上手くいっているように見えた夫婦にも 、根深い問題があったりすることも…。今回はまわりからもオシドリ夫婦だと思われていた1組の夫婦の結婚生活が、少しずつ着実に破綻してしまった原因に着目してみました。

長身で好みのタイプなBくんとの出会い

マキさん(35歳/仮名)は黒髪のサラサラなボブスタイルがよく似合う、落ち着いた雰囲気の女性。派手さはないものの整った顔立ちで、こういう女性が男性にモテるんだろうな〜、と感じさせるような印象。都内の会社で営業をしているマキさんは、23歳の頃に友人達との食事会で、大手企業で働く5歳年上のBくんに出会いました。Bくんは身長180センチで細身。少し長めの髪型から繊細そうな印象を受けたそう。背の高い男性がタイプのマキさんは、第一印象から「素敵だな」と思ったと言います。

ふたりはすぐに意気投合し、ほどなくしてお付き合いがスタート。付き合って1年も経つ頃になると、ちょうどマキさんのアパートの更新が迫っていたのをキッカケに同棲を始めます。Bくんは、初めからマキさんを結婚前提の恋人として意識してくれて、マキさんは安定した関係の幸せを得たと感じたそうです。

「正直、恋愛経験は少なくはありませんでした。ですが、それまでに付き合った男性は、どちらかと言うと夢を追っているタイプが多くて、海外に旅立ってしまったり、お金がなかったりして、結婚なんて話題に出てきませんでした。浮気もされたり、したり……。どちらかというと、打ち上げ花火みたいな、激しくてすぐ終わる恋愛ばかりでした」

Bくんはマキさんにとって初めての、落ち着いたお付き合いができるタイプの男性。将来のことも自然と考えてくれるのが嬉しかったそうです。

まわりが羨む仲良しカップル

Bくんとの交際はとても順調で、まわりからも羨ましがられたそうです。Bくんはいわゆる“優良物件”な上に、マキさんを熱愛していました。「彼氏があまり連絡をくれない」とか「彼氏が友人に紹介してくれない」などと悩む友人も多い中、マキさんには、そのような悩みはまったくなかったのです。

「Bくんは、積極的に自分の友人との飲み会に私を呼んで紹介したり、都内にある実家にも何度も招待してくれたりしました。そういう風にまわりに紹介されて『公認の仲』になるのは初めての経験で、嬉しかったです」

Bくんの家族もとてもフレンドリーで、マキさんを気に入ってくれている様子。Bくんは常にマキさんと一緒にいたがってくれて、そういった安心できる関係は、マキさんにとってはとても新鮮だったそうです。

1 2