仕事&マネー 緊急事態宣言後から副業に本腰。月に10万円以上を稼ぐアラサー女子2名の成功体験記~その1~

アフィリエイトはスキマ時間に仕事ができる

愛理さんがコロナ禍の1回目の緊急事態宣言後に本腰を入れたのはブログのアフィリエイトというものだ。「成功報酬型広告」と呼ばれるもので、ルールに乗っ取って、ブログの記事内に商品のリンクを埋め込んでいく。すると、愛理さんのブログを読んだ人が、その商品サイトを見に行って商品を購入したりすると、愛理さんに報酬が支払われるという仕組み。

「始めたときは、“なんだか怪しい”と思っていたんですが、全くそうではありませんでした。今では多くのブログサービスを提供する上場IT企業が推奨しています。ただ、私が最初に始めた頃は、商品のリンクを記事中に埋め込むのがホントに面倒でした。HTML(プログラミング言語)がある程度わからないとダメでしたし」

ただ、ブログでやみくもに文章を書いただけでは、誰も何も買ってはくれない。そのブログに魅力的な記事が載っていることが求められる。

「これから始める人にアドバイスをするなら、必ず自分の得意分野のブログテーマにして、それ以外は書かないようにすることです。テーマを絞れば、固定ファンがついて、ブログから買ってくれるようになります。あとはブログの登録の面倒さにくじけないこと。私はアフィリエイトの副業を友達にも進めていますが、5割の人がブログを登録する段階で挫折しています。そして、記事にまったく反応がなくても3か月間は耐えること。誰も読んでないと思っても、3か月間は最低週2くらいの頻度ですき間時間を利用して更新してください。今は誰も読まなくても、これから読者さんが増えていけば、今書いている記事はその後の資産になると思うことが大切です」

SNSとブログのアフィリエイトの違いは、SNSは1万人程度以上のフォロワーがいて初めて企業に認められ「広告をお願いします」という話がくる。しかしブログは、個人の記事が魅力的であれば、アフィリエイトで商品リンクを埋め込むだけで、知らぬ間にお金が入るようになるところだ。

「SNSは、フォロワーがたくさんいる人でないとなかなか広告の依頼は来ません。でも、ブログは違います。面白いと思われる記事を書いて、その商品の魅力を伝えられれば、直接収入に結びついていきます。私の場合は、自分のブログで紹介する本や映画に出てくる、イメージに合った服や食べ物などを探してきては、ブログに張り付けるというアフィリエイトをしています。作品のファン、作者のファン、俳優のファンの方が見て買ってくれるんです。大手のブログサービスでは、ホントに簡単なアフィリエイトサービスもあるので、やりやすいと思いますよ。大切なのはテーマを決めることと、根気よく続けることです」

今では、自分のノウハウを教えるオンラインセミナーも準備中だという。

「ただ、私だとバレるのがホントに恥ずかしいんで、どうしようかな……と考えているところです」

コロナ太り解消のために、デリバリーの副業をする人も増えているが、都市部にしかデリバリー網は発達していない。

副業で10万円以上を稼ぐ29歳は、「副業はやっていて苦にならないことで選んだ方がいい」という~その2~に続きます。

1 2