恋愛&結婚 がっかりだよ……。男性が一緒にいてつまらないって思ってしまう彼女のセリフ4つ【恋愛講座】

言葉は大きな力を持つもの。その力は、恋愛における男女の言葉のやり取りの中でもかなり作用しているはずです。今まで、なにげなく使っている言葉でも、相手にはとても強く響いていたという体験がありませんでしたか?あなたはただ口癖で言っているだけの言葉でも、何度も何度も繰り返し聞くうちに、彼の潜在意識の中に植え付けられてしまうことも……。

それがネガティブな言葉だったら、あなた自身もネガティブな人と意識づけられてしまう可能性もあります。そうなると、恋愛モードも一気に冷めてしまい、あなたと一緒にいてもつまらないと思ってしまうかもしれません。

それでは、一体どんなセリフが彼をがっかりさせるのか、具体的に見ていきましょう。

1.何を聞かれても「面倒くさい……」

男性がいろいろと気を遣ってくれているのに、それに応えるのがしんどくて「面倒くさい……」と言ってしまうことはありませんか?男性はあなたのことを思って「どうする?」「何かしたいことある?」「疲れてない?」など逐一口に出してしまうのかもしれません。そんなときに「面倒くさい」という言葉で返すのはNG。こちらとしては「そんなに気を遣わないで」という意味で発していても、色々と心配して聞いている彼からすると、怒りポイントになる言葉です。せっかく気を遣っているのに、「面倒くさい……」はないだろうというのが彼の本音でしょう。

「心配してくれてありがとう」というメッセージを出しておかないと、彼は心配してしまいますよ。

2.気持ちがこもっていない「すごーい」

あまり興味のない話が続くと、聞いているふりをして実際には流してしまっていることはありませんか?会話の切れ目の部分だけオートマチックに「すごーい」というフレーズでつないでいるとしたら、それはもう気持ちがこもっていないことがバレバレなはず。あなたが会話を聞いてもらえないと拗ねるのと同じように、男性だって話をうわの空で聞かれていては気持ちいいとは思わないでしょう。

確かに「すごーい」といわれることは気持ちがいいと感じるのも事実ですが、さすがに頻発すれば「バカにしている」と思ってしまうかもしれません。

1 2