恋愛&結婚 セレブ婚願望のアラサー女子が、念願の富豪の食事会に参加し……人生観が激変~その1~

2020年10月8日、経団連は少子化対策の推進に向けた緊急提言を発表。その背景には、新型コロナ感染拡大で婚姻数が減少していることがある。

2020年の婚姻件数は約53万8000件と前年から12.7%減少したことが話題に。それでも、「結婚したい」と考えている人は多く、婚活ビジネスは盛況だ。

今回は大内裕子さん(仮名・27歳・IT関連会社勤務)にお話を伺った。

「本当のお金持ち」と結婚できる進学先を選んだ

裕子さんは「本当のお金持ちと結婚したかったんです」と繰り返した。「本当のお金持ち」とはどんな人の事を言っているのだろうか。

「お金がお金を生む、というサイクルを持っている人のことです。年収は1億円以上で、総資産は数えきれない、というような人を探していました」

彼らと自然に出会うには、学校がベストだと思ったそう。

「私はサラリーマンの父と専業主婦の母の家庭に育ち、兄は国立大学を卒業し、都内で先生をしています。父は大企業に勤務しており、母の実家は23区郊外にある元農家、今は大地主です。祖父から受けた財産もあるので、うちは裕福な生活をしていると思います」

小学校5年生の時にテレビ番組で国民的女優の人生を知り、心からうらやましいと思ったという。

「その人は実家が青山で、幼いころから有名人に囲まれて育っていたと言います。そんな人生ってすごいなと。それに憧れて、地元の普通の中学ではなく、お金持ちの子供が通うような中学を受験しましたが、全落ちしました。なので地元の中学校から都立高校に進みました。大学は中学受験で落ちたところを受けようと思いましたが、学力が足りなくて。そこで、少しレベルを落として、国民的女優が卒業していた大学に進学しました」

その大学にも本当のお金持ちはいたと思うけれど、誰がそうとはわからなかったそう。

「みんな見た目は普通なんです。大学になると、なんとなく似ている階層の人と自然に仲が良くなりますよね。私は“サラリーマンの裕福な家庭”で育った人たちと遊ぶようになりましたし、そういう男性と交際もしました」

当時、裕子さんは恋愛における自分を、どうプロデュースしていたのだろうか。

「美人で健康的であることが大切だと思っていました。いわゆる女子アナウンサーみたいに、清楚でかわいく、男性から愛される人を目指しました。セミロングヘア、ピンクや花柄の服、無難なバッグを身に着けていました。男子にはめちゃくちゃモテましたよ。でも出会えても“ええとこ”のサラリーマンの息子とか、地方のお金持ちとか……その出会いよりさらに上を目指していました」

条件は、港区麻布か渋谷区松濤か代々木上原、城南五山に実家があること

1 2