恋愛&結婚 好きだけど正直しんどい……デート中にテンションが下がる彼女の行動4つ【恋愛講座】

どんなに好きな相手でも、正直しんどいと思ってしまうことってありますよね。男性も同じようにしんどいことが増えれば増えるほど、付き合うこと自体をやめたいと思うものです。恋に燃えているときはいいですが、いずれ冷静になったときに、お別れという事態になってしまうことも……。

それでは、デート中にテンションが下がる彼女の言動には、どんなものがあるのでしょうか?ここでは代表的なものを紹介します。思い当たることがあれば、意識して控えたほうがいいかもしれませんね。

1.自分の話ばかり

女性は男性に比べておしゃべりな人が多いもの。ですが、マシンガントークで調子に乗って自分のことばかりしゃべってしまうのは考えものです。学校の授業が時間で区切られているのは、長い時間集中力は続かないから。それでなくても、あまり興味のない話をずっと聞き続けているのはしんどいもの。あなたは楽しく話して発散しているかもしれませんが、聞いているだけの男性にとってはけっこう苦痛を感じていることも少なくないでしょう。

やはり会話はキャッチボールであってほしいもの。それでこそコミュニケーションです。自分のことばかり「聞いて聞いて」とするのは、ちょっと子供っぽいこと。おしゃべりばかりでなく、時には沈黙もあっていいはずですよね。

2.おねだりばかり

デートするたびに、おねだりする女性も要注意です。男性からすれば、「またか」という気分にさせられます。おねだりする人は、男性から自分の欲しかったものを買ってもらうことで愛情を確認したいと思っているのでしょう。しかし、デートのたびにおねだりがあると、現実的には男性の経済力がついていかないことも……。

男性は好きな女性の前ではカッコつけたいもの。だから、なかなか自分の厳しい経済力について口に出せないはずです。そうなれば、お金を捻出する方法として自分の生活費を削るか、デートをなるべくしないようにするかが迫られます。なんだかんだと口実を作り、デートの回数も少なくなってしまうでしょう。

1 2