恋愛&結婚 運命的な出会いってどんな感じ?「この人こそ運命!?」と思った5人のエピソードを紹介

映画やドラマの中では、美男美女が運命的な出会いをし、燃えるような恋に発展するものです。そんなステキな出会いに憧れるものの、現実の世界では、物語のようにそう上手くはいかないことも……。今回は「これは運命の人かも!?」という出会いをした女性たちに、その後の展開も含めて、お話を伺ってみました!

2人だけの日本人、誕生日も一緒!

「20代の頃、アメリカに留学をしていました。アパートの近所のカフェでアルバイトを始めたら、『うちにはもう1人、日本人のアルバイトがいるわよ。男の子よ。今度シフトがかぶるんじゃないかしら?』とオーナーに言われ、特に何の期待もせず、ふーんと思っていました。

しばらくしてシフトが一緒になって対面すると、見た目がタイプ!さらに写真家で夢を追っていて、話も弾んでステキな人でした。その上、なんと誕生日が一緒なのが判明!『ヤバい!運命かも!』とこっちは一気にテンションアップしてしまったのですが、あっさり既婚者だと判明……。愛妻家でステキな男性でした(涙)。もちろん何も起こりませんでした。」 (37歳/ライター)

誕生日が一緒って、つい運命を感じてしまいますよね。タイプの男性ならなおさらです。ドンマイ!

休講で偶然ふたりっきりに……

「大学生だった頃の話です。その日、授業が休みなのを知らずに教室に行ってしまったんです。その日は休みですってお知らせの連絡が来ていたにも関わらず、ちゃんとチェックしていなかったので…。

『誰もいない!教室間違えたかな?』と焦っていて、当時はスマートフォンはまだ普及してなかったので、調べることもできなくて。すぐにひとりの男の子が同じく休講を知らずに教室に来て、『あれ?』って感じだったので、ふたりで自然と話す流れに。

一緒に他の教室を見に行ったり、休講か調べたりしているうちにすぐに仲良くなって、彼から連絡先を聞かれました。その後はトントン拍子に関係が進み、数年間付き合うも、最終的にはマンネリして破局しました。まぁ青春の1ページという感じです。」 (35歳/会社員)

休講の教室にふたりっきり……。恋愛フラグが立ちまくりですね!ステキな青春です。

デートを盛り上げるメロディー

「気になっていた彼から誘われて初デートに行きました。そしたら、デートの始めに行ったカフェで、子供の頃からすごく好きだった曲がラジオからかかっていて『なんか幸先良いな〜』なんて思っていました。

その後また別の大切な思い出の曲で、知る人ぞ知るマイナーな曲を、たまたま通りすがりのストリートミュージシャンが演奏していたんです。そのあとさらに散歩してたら、別の大好きな曲を誰かがギターで練習してるのが窓から聞こえてきて、これはもう何かのサインだな!運命だわ!と思いました。

デートもすごく盛り上がったんです。でも、彼とはそれ以降、デートの約束をするも毎回どちらかのタイミングが会わず……、結局それから1回も会えないうちに、彼に彼女ができてしまい、間接的に振られてしまいました…。」(33歳/会社員)

デート先で自分の好きな曲って盛り上がりますよね。波長が合ってる、という感じがします。なのに残念〜。

1 2