恋愛&結婚 恋愛ご無沙汰アラサー女子、初参戦のアプリに押し寄せる好意の波に大きく勘違い

初めてのアプリ登録、押し寄せるイイネの波にテンションが高まる

恋人がほしい、久しぶりにそう思った彼女は途端に恋活に興味を持ち始めます。

「結婚するよりもまずは彼氏を作りたいと思ったので、“恋活”を始めることに。けれどコロナ禍じゃ出会いの場へ行くこともままなりません。こんな時期に誰か紹介して、と周りに言うわけにもいかないですしね。悩んでいたところ、ちょうどネットでマッチングアプリの広告を見つけまして……もうこれだ!と(笑)。実は今までマッチングアプリを使ったこともなかったので、とりあえず広告に出てきたものをインストールしてみました」

ユカさんが登録したのはメジャーなアプリで、恋活のみならず婚活にもよく使用されているもの。アカウント作成後は、新規登録者ということで、多くの男性会員から足跡がつく状態だったそう。いきなり押し寄せたイイネの波に、彼女は大きく驚いてしまいます。

「登録者数が多いアプリらしいですけど、アカウントを作った途端にイイネがいっぱいきて!私は超平凡な見た目なんですが……そんな自分にさえアプローチをしてくれる男性がいるのかと思ったら、ちょっとテンションが上がっちゃいました。

1日で結構な件数がくるものだから、どう対応して良いか分からなくて……。1人1人男性のプロフィールを確認し続けていると、よほどルックスや年収などが飛びぬけてなければ、みんな同じ感じに見えてきちゃうんです(苦笑)。

“イイネ返し”をして晴れてマッチング成立、そこからメッセージのやりとりをできるようになるんですが、どこまで妥協が必要なのかな?とか色々考えちゃって。とりあえず全員OKしていたらとんでもない数になっちゃいますし。自分は年収もルックスもあまり高望みしないタイプなので、余計に困りました」

なんとか選別をして、ようやくメッセージのやり取りに。けれどもマッチングが成立した途端、音信不通になるなど、初のマッチングアプリにはなかなか苦戦したご様子。

「ここでようやく、個人個人でアプリに対する温度差があることが分かりましたね。マッチング後メッセージも返さない人は、“とりあえず”でイイネしているのだと。婚活専門アプリじゃないから、全員がガチってわけじゃないんだなーと悟りました。あれだけ訪問者は沢山いたのに、メッセージが続く相手はほんの一握り……。最初はすぐ彼氏が出来そう!なんて浮かれていたけど、急に現実味を帯びてきました」

手軽に使えるマッチングアプリに挑戦したものの、イイネだけでは相手の本気度は測れないことを知ったユカさん。けれどもマッチング成立したお相手から、デートのお誘いがあり……【直接会うより人間性がわかる! オンラインデートで男性を見極めるヒントとは?】へ続きます。

イイネをいっぱいもらうと、モテると勘違いしてしまいそうになりますよね……。
1 2