恋愛&結婚 婚活連戦連敗アラサー女子が実践した「いじわる体質改善」【後編】

2020年10月8日、経団連は少子化対策の推進に向けた緊急提言を発表。その背景には、新型コロナ感染拡大で婚姻数が減少していることがある。

2020年の婚姻件数は約53万8000件と前年から12.7%減少したことが話題に。それでも、「結婚したい」と考えている人は多く、婚活ビジネスは盛況だ。

1か月前に37歳の先輩と職場婚をしたばかりの田中優子さん(仮名・34歳・食品メーカー勤務)にお話を伺った。優子さんの婚活歴は9年で総額300万円くらいかかっているとか。でも結婚できるようになったのは、月謝1万円のいじわる体質を改善するためのアドバイス会を続けたことだったと自己分析している。

【これまでの経緯は婚活9年間で300万円かけても結婚できない理由がわからない……で】

誰からも選ばれない理由は、無意識の傲慢さ

結婚相談所での出会いが破談になってから、再び合コンで婚活をするようになる。

「でも、30代で合コンをしても、そこそこいいなと思う男性は、みんな既婚者。指輪の跡がくっきり残っていたり、スマホの待ち受け画面が子供だったり。それなら席を立って帰ればいいのに、“この人から誰か独身の男性を紹介してもらえるかもしれないし”などと愛想を振りまいていました。そんなときに、高校時代の友人が先に結婚したんです。私の中で、勝手に女性は松竹梅でランク付けしていたのですが、彼女は梅だと思っていました。それなのに、昔からそこそこモテていたし、結婚相手も理想的なイケメン!しかもとても愛されての結婚でした。これは何かあると思い、お祝いがてら、彼女の家に遊びに行きたいと何度もLINEしたんです」

しかし、彼女はそれを断り続けた。気づけば2年間も経過していたそう。

「私はクラスでも陽キャ(陽気キャラ)だったので、陰キャ(陰気キャラ)の彼女から断られるとは思ってもみませんでした。それで何度もLINEしていたら、“会いたくないから断ります”と返信が来ました……。すごくショックで、でもそこまで断られる理由がわからなくて。共通の友達を介して、なんとか彼女に会う約束を取り付けてもらったんです」

彼女は相変わらず地味だな、と思いました。でも、不思議な安定感とオーラがありました。まずなぜ私にそこまで会いたくないのかと聞いたら……“バカだから”って。そこまでハッキリ言われたのは、結婚相談所のアドバイザー以来です。昔の私なら激怒して帰っていたと思います。でも33歳になっていたので、冷静に考えました。“これは何か私に問題がある”と思ったんです」

彼女の夫は、結婚2年の間に出世をしており、夫婦愛はますます深まっているという。

「それなのに、私はまともな彼氏がいたこともない。誰からも選ばれない。原因はあるけれど、自分ではわからない……。そこで彼女になぜなのか、教えてもらおうと聞いてみました」

しかし、彼女は「は?なんで?その傲慢さがムカつく」と一蹴。

「その時、私も確かにムカついたんですが、それもそうだな、と妙に納得したんです。視界が開けたというか」

幸せな結婚のためにすべきことは、基本的に3つだけ

1 2