恋愛&結婚 婚活成功した女性が気づいたこと!モテは「捨てる」か「極める」か【後編】

2020年10月8日、経団連は少子化対策の推進に向けた緊急提言を発表。その背景には、新型コロナ感染拡大で婚姻数が減少していることがある。

2020年の婚姻件数は約53万8000件と前年から12.7%減少したことが話題に。それでも、「結婚したい」と考えている人は多く、婚活ビジネスは盛況だ。

上村鈴奈さん(仮名・35歳・IT関連会社勤務)は、3年の婚活を経て、2か月前に入籍した。最初の1年半は「モテ」を意識した服を着て、アプリで婚活をしていた。しかし、相談していた男友達に、薬を飲まされホテルに連れ込まされそうになった。

【これまでの経緯は前編で】

男友達に変な目で見られ、モテ服をバッサリ捨てた

鈴奈さんから男友達に婚活の相談をしたくて連絡を取った。彼は大学の同級生で10年以上友達として遊んできた仲間。一度も男女の雰囲気になったこともなく、鈴奈さんのバイトの後輩と結婚し、子供も授かっていた。

「それなのに、彼はモテ服を着た私を“女”……というか、欲望の対象と意識したのでしょうか。それで薬を飲ませたんですかね。突然私が呼び出したのに、そんなものを持っているということは、そういうチャンスをいつも狙っているってことですよね。店員さんの話では“そういうことをされてしまう女性は少なからずいて、こちらが気づいた時は対応するのですが、今はいろんな薬があって把握しきれないんです”と言っていました。ぞーッとしましたよ」

それ以降、婚活は半年休んだ。女に生まれた自分を憎み、アイコニックなモテ服は全部捨ててしまったのだそう。

「バッグと靴はフリマアプリで売りましたけどね(笑)。それまで、私は我が道を行っていて、婚活することで他人からモテることに集中した結果がこれかと……。男というものを学ぶいいきっかけになりました」

その男友達は、自分から鈴奈さんをLINEブロックしてきたそう。

「ブロックしようと思ったら、向こうから先にされてました。ヤツは口がうまいから、大学の同級生にも先にこちらから事情を説明しておかないと、と思ったのですが、あえて事情を説明したいと思うくらいの友達はいませんでした」

男友達に薬を飲まされた体験を多くの人に共有しようと思ったそう。

「後輩に話を聞くと、結構同じような経験をしている人がいたんです。皆、トイレにはなるべく行かないようにする、トイレから帰ってきたら別の飲み物を頼むなど、自衛策をとっていると言っていました」

モテ服を捨ててからのほうが、婚活は早く進んだ

1 2