恋愛&結婚 大失恋からスピリチュアルにハマり……アラサー女子の婚活迷走2年からの脱出劇【前編】

2020年10月8日、経団連は少子化対策の推進に向けた緊急提言を発表。その背景には、新型コロナ感染拡大で婚姻数が減少していることがある。

2020年の婚姻件数は約53万8000件と前年から12.7%減少したことが話題に。それでも、「結婚したい」と考えている人は多く、婚活ビジネスは盛況だ。

30歳のとき5年交際していた彼にフラれる

岡田紗枝さん(仮名・32歳・IT関連会社勤務)は、2年の婚活を経て、6歳年上のバツイチ公務員男性と入籍。半年後に披露宴をする予定だ。

「2年前、5年付き合った彼氏に“紗枝との結婚は考えられない”と言われて、ひどく落ち込んでいた私に、今の心の安定を教えてあげたいです」

20代後半「絶対にこの人結婚する」と思っていたのは、公立小学校の正規教員男性。しかし、紗枝さんの付き合って5年目の誕生日のお祝いの席で「一緒にいると苦しいし、何かが違う」とふられてしまった。

「私が行きたいと思っていた恵比寿のフレンチレストランを予約してくれて、しかも誕生日だったので、これはもうプロポーズされると思い込んでいました。精一杯のおしゃれをして、ヘアサロンで髪も巻いてメイクもしてもらいました。待ち合わせ場所に行ったら彼は“今日は特別きれいだね”と言ってくれて。食事が終わって、いよいよプロポーズかなとワクワクしていたら、“結婚は考えられない”って……。“ええ!?って感じでした」

期待に胸を膨らませていた幸福の絶頂から、一気に地獄に叩き落された。

「最後のコーヒーを飲みながら“言いにくいんだけど、別れたい。お互いのためにもそうしよう”と言われました。私がキレて“はあ?何を考えているの!?”と言ったら“そういうところが嫌いなんだよ”と……。聞けば、私が行きたいと言っていたレストランを予約したのは、彼なりの最後の誠意だったらしいです。別れ話にそんなスペシャルなところを連れて行くな!って思いましたけどね。帰りはどこをどう帰って来たかさえ覚えておらず、その後ショックから立ち直れず会社を3日も休んでしまいました」

しかも彼はその翌日、LINEをしてきたという。紗枝さんは復縁の話かなと思ったそうだがなんと「今後のためにも、紗枝はここを改善した方がいい」というリストだったという。

「翌日の朝10時でした。私は彼が“昨日の話はウソ。ドッキリだよ”とか書いてくれているのかと思ったら、私へのダメだしで……。覚えているのは、“もっと他人を思いやれ”“自分の事ばかり話すな”“会話は要点をまとめて”“悪口ばかり言うな、“他人に幸せにしてもらおうと圧力をかけるのはやめたほうがいい”“おいしいふり、楽しいふり、気持ちいいふりしてもそうではないことはすぐバレるからやめたほうがいい”などと、書いてありました」

復縁をするために、スピリチュアルにすがる……

1 2