恋愛&結婚 いい人に巡り会えない……婚活疲れしたアラサー以上の女性がすべきこと【恋愛講座】

結婚したいのになかなかいい人と巡り合えない……。そう思っている人は少なくないはず。そう、今は恋愛もなかなか簡単にはできない時代なのです。マッチングアプリや婚活パーティーなど、以前に比べて見知らぬ男女が知り合う機会は段違いに増えたはずなのに、なぜかなかなか恋愛には結びつかないのも現実。そんな状況の中、婚活を成功させるためにはどうすればいいでしょう。

ここではそんな婚活疲れのアラサー・アラフォー女性がすべきことを3つアドバイスします。

婚活疲れの3つの症状

婚活疲れとはいったいどんなものなのでしょう。ここでは婚活疲れの3つの症状を紹介します。

1.男性に会うことを億劫に感じる

婚活で新しい男性に出会うことを億劫に感じる……これはもうれっきとした婚活疲れでしょう。婚活でワクワクする気持ちがなくなったら、ちょっと婚活はお休みしてみたほうがいいかも。きっとあなたの表情は婚活会場でも輝いていないかもしれません。そんな状態で男性に会ってもうまくいかないでしょう。そうでなくても恋愛はパワーを使うもの。男性に会いたくないと思い始めたら、疲れていることを自覚しましょう。

2.時間とお金の無駄と思うようになる

婚活に時間とお金を割いているわりに、いいなと思える相手が見つからない、もしくは恋愛成就しないということがあれば、やっぱり気持ちは荒んでくるものです。頑張っているのに成果が出なければ誰だって意気消沈してしまいますよね。特に、毎回相手が違うと、傾向と対策も違ってくるもの。出会う数を増やせば成功率も上がってくる……とならないのが婚活です。

時間とお金が無駄と思うようになったら、これは間違いなく婚活疲れです。婚活は長丁場と考え、疲れたらちょっと休憩ということも大事ですね。

3.婚活ブログなど、他人の動向を見て落ち込むようになる

みんなは婚活が成功しているのに、なんで私だけ……。そう思ったら、落ち込んでしまうでしょう。ですが、自分は自分、他人は他人です。他人が幸せに思うことと、自分が幸せと思うことは同じでないように、他人の婚活相手が自分にふさわしいとは限りません。

また、落ち込んでばかりいると卑屈になる人も少なくありません。そうやってマイナスのオーラを纏い始めると物事はうまくいきません。そんな時は婚活疲れを認めて、仕切り直しも必要ですね。

婚活疲れの原因3つ

それでは、なぜ婚活疲れは起こるのでしょう。ここではよくある原因を紹介しましょう。

1.理想の男性に巡り会えない、会っても振られる

婚活疲れの一番の原因は、理想の男性に巡り会えない、会っても振られるということ。結婚は多くの人の人生において、一大イベントです。誰でもいいというわけにもいかないですよね。また、いいなと思った人に振られるということもあるでしょう。振られれば振られるほど、傷つくしプライドはズタズタになります。そういう過酷な状況に自分の身を置くのが婚活でもあるのです。だから、婚活疲れが起こるのも仕方ないですよね。

2.親からのプレッシャーが大きい

親からのプレッシャーが大きいというのもしんどいことでしょう。いいと思う相手にも巡り合えていないのに、周りに結婚、結婚とばかりいわれたら、無理やり必死にならざるを得ません。そうなれば、当然疲れる結果にも。親の期待に応えたいと思えば思うほど、婚活疲れも重症化しそうですね。

3.周りの知人はみんな既婚者

周りの知人がみんな既婚者というのも無言のプレッシャーになることがあるでしょう。知人が当然のように夫婦で遊びに来たり、催しに参加したりすれば、嫌でも意識してしまうはず。自分だけ孤独を感じてしまい、切実に結婚を望んでしまうことも。ですが、それだけ望んでも簡単にやってきてくれないのが結婚です。欲しいと思っているものが簡単に手に入らないという状況が続けば、婚活疲れになるのは当然ですよね。

婚活に疲れ果てたときの解消法、乗り越えるためにすべきこと3つ

婚活に疲れ果てたと思った時は、どうすればいいでしょう。ここでは解決法と乗り越えるためにすべきことをアドバイスします。

いつまで続ければ、いい人に出会えるんだろう?

1.無理して続けようとしない、休む

婚活疲れしたら一旦お休みしましょう。これが一番の解決方法です。無理して続けようとすると、今度はもう恋愛自体がトラウマになってしまうことも。本来結婚は早ければいい、遅ければ悪いというものでもありません。それぞれのタイミングがきっとあるはずなので、時には長丁場で対応しなくてはならないことも。婚活疲れしているのに、無理矢理婚活している姿は魅力的なものではありません。せっかくの運命の相手も向こうからお断りしてしまうかもしれませんよ。

2.婚活以外の時間を大切にする

婚活以外の時間を大事にすることもいいですね。自然体で、いろいろなことに挑戦して楽しそうにしていたり、面白そうなことをしていたりするほうが、周りも魅力を感じるでしょう。自分にとって楽しいと思うこと、面白いと思うことをする時間を大切にすることで、案外思いがけないところで恋愛が成就するというのはあることです。そんな新しい活動をすることで、知り合う人も増えるでしょうし、自分と同じような趣味の人も出てくるでしょうから、自然と恋愛のチャンスが舞い込みそうですね。

3.本当に結婚したいのか、考えてみる

さんざん婚活してきたけれど、実は結婚に興味がなかったという人も案外少なくありません。そうでなくても、今はおひとり様でなんでもできる時代。特に結婚してなくても困らない人も多いでしょう。本当は一人が好きだった、相手に合わせたり付き合ったりするのはしんどいと思っていた、結婚よりも仕事に力を入れたいなど、結婚に向かない女性もいます。なんとなく結婚するものだと思って、目標もないのに婚活してきたなんてことはありませんか。

婚活疲れ克服後、活動再開する際にしたいこと4つ

婚活疲れを克服したあと、また婚活を再開したいと思った時はどうすればいいでしょう。ここでは、再開したいと思ったときにしたいことを4つアドバイスします。

1.義務ではなく、婚活を楽しむ

婚活疲れから回復して再開というときは、婚活を多いに楽しみましょう。義務と思ってしまうと婚活ほど過酷な活動はありません。いくら努力しても相手に選ばれなければ成就しないのです。こんな状況では、やればやるほど心が傷つきますよね。ですが、婚活を出会いの場として楽しめれば、これはなかなか合理的なシステムでもあります。気になった男性に気軽に声をかけられるゲームに参加していると思えば、楽しいイベントと思えますよね。知らない男女が声をかけあうなんて普通はなかなかありません。そうやって楽しみながら婚活に積極的に参加すれば、運命の相手とも出会う確率はぐっと高くなるはずですよ。

2.条件を見直す

理想の彼がいないという人は、婚活疲れを機に条件を見直すことも大事です。いないものを探しても見つからないものは見つかりません。そして、いないものを見つけようとして疲れるぐらいなら、ある中から理想に近いものを探すほうがずっと合理的です。条件を見直すことで、それまで出会えなかった人と出会える可能性も。その中に運命の彼がいないとも限りません。

3.結婚相談所やアプリなど、方法を変える

婚活にも様々な方法があるので、これは合わないと思ったら、さっさと方法を変えるのも手です。結婚相談所やアプリなど、別のサービスには別のタイプの男性が登録しているものなので、それを開拓しない手はありません。サービスを変えたら、ぴったりの相手が見つかったということがあっても不思議ではないでしょう。

4.他人と比べない

他人と比べないことも大事です。周りが婚活に成功しているのを見て焦る気持ちになってしまうのもわかりますが、幸せの形は本当に人それぞれ。結婚できても、彼とうまくいかなくて別れてしまう人だっているのです。なので、結婚だけがゴールと思ってしまうと、誤った道を歩みがち。

自分の幸せは自分のもの。ちゃんと自分の物差しで自分だけの相手を見つけるようにしましょう。

☆☆☆

婚活疲れを感じたら無理せず休むことも大事。そうすることで無理なく婚活を続けられることにもなるでしょう。婚活は、頑張ればなんとかなるというものではありません。焦らず、状況を客観視する目を養いながら、自分にとっての幸せを見つけてみてくださいね。

婚活疲れを感じたら、無理せず休みましょう!

これまでの【恋愛講座】をチェックしたい方は
https://suits-woman.jp/tag/恋愛講座/