恋愛&結婚 憧れる恋愛漫画のシチュエーションTOP3、3位突然の手つなぎ、2位頭ポンポン、1位は?

堅実女子の皆さんは恋愛漫画、好きですか?「昔は読んでいたけど最近は全然……」という人も多いかもしれませんが、『逃げるは恥だが役に立つ』や『恋はつづくよどこまでも』といった近年大ヒットしているテレビドラマの多くは、恋愛漫画が原作です。間接的に私たちはいつの時代も恋愛ドラマにキュンとしています。その事実は変わらないのではないでしょうか?

突然……に胸キュン!一番人気はバックハグ

今回ご紹介するのは7月17日の「漫画の日」にちなみ、株式会社オーネットが20~34歳の独身女性を対象に実施した「漫画の日に関する恋愛調査」。こちらで「恋愛漫画みたいな理想のシチュエーション」を調査したところ、以下のような結果となりました。

一時期大ヒットした「壁ドン」は人気低下気味でしょうか?

一番人気は「バックハグ」。それに続くのは「頭ポンポン」「突然の手つなぎ」となっています。恋愛漫画が原作のドラマにおけるバックハグの金字塔といえば、1993年に放送されたドラマ『あすなろ白書』の通称“あすなろ抱き”。木村拓哉さんが石田ひかりさんを後ろから抱きしめ、「俺じゃだめか?」とささやくシーンは多くの女性をキュンキュンさせましたが、こちらも原作は柴門ふみさんによる同名の恋愛漫画でした。

一方「頭ポンポン」は頼りになる上司や先輩的立ち位置のヒーローがヒロインに対して労をねぎらったり慰めたりするときに登場するシチュエーション。バックハグとは違い直接的な好意を感じる行動としては控えめなので、「これって私に気があるの!?」とヒロインを惑わすことにつながります。

バックハグは予期せぬ突然感がキュンとする?
1 2