恋愛&結婚 恋愛下手に共通する5つの特徴と克服するための6つの方法

恋のチャンスはあるのに、うまくいかないことが続いていて「もしかして私って恋愛下手なのでは?」と悩んでいる方は意外に多いものです。

恋愛下手ってこんな状態

恋愛下手と自分のことを位置づけている人は大きく2つのタイプに分かれます。まずはどちらのタイプの恋愛下手なのかをチェックしてみましょう。

自分自身で気持ちにストップをかけてしまう

こちらは自分の内側に原因が考えられるタイプ。好意を持っている相手との距離が近づいていく中で自ら恋にストップをかけてしまい、その態度から相手を遠ざけてしまっています。

原因として考えられるのは「自分のことを好きじゃない」という気持ちを、どこかであなた自身が持ってしまっていること。そんなことない!と思っている方の中でも、例えば仕事をしている自分は好きだけど 「女としての自分は好きじゃない」など、恋愛で見えるいつもと違う自分に対して、ほんの少しでも否定してしまっている部分はないでしょうか。

自分の中に受け入れられていない部分がある人は、無意識に相手の存在を遠ざけようとしてしまう場合があります。これには自己肯定感の低さが関係しています。

恋愛の経験不足などを原因にあげる方の中にも、恋愛のスタート時の自分の心境を振り返ってみて、「恋にガツガツしたくない」「フラれたくない」などの思いを持った過去がある場合には、自分から恋へのストップをかけてしまっているのかもしれません。

悪いほうばかり想像してしまって、一歩を踏み出せない

こちらは、過去の恋愛がトラウマになっているなど、外側に原因があるタイプです。過去のトラウマにより、以前起こった悪いことばかりを想像してしまい、恋愛に対して前向きな気持ちを持てません。

また、過去に恋愛をしたことがないという方の中には、恋愛で苦労している友人の体験や、周囲の情報からネガティブなイメージを無意識に持ってしまっている可能性も。

前述した内側に原因があるタイプは恋愛の初期段階で恋愛下手を実感しますが、相手が肉食など強引なタイプであればうまくいくこともあります。しかし、こちらの外側に原因があるタイプは恋愛の継続中も受け身になるなど、相手の顔色を伺うことがやめられずに、恋愛中はずっと恋愛下手という思いを持ち続けてしまう場合もあります。

恋愛下手は思い込み?それとも過去の原因のせい?

恋愛下手に共通する「5つの特徴と原因」

次に恋愛下手な人に共通している特徴とその原因について詳しく解説していきます。

1.自分からアプローチしない

自分からアプローチしないから恋愛が進まない、イコール恋愛下手になってしまっているというパターンです。その原因には、傷つきたくないという思いが隠れています。ネガティブな想像をして、恋に一歩進めていない状態なのです。これには自己肯定感の低さが関係していますが、一方でプライドの高さも影響している可能性も。どちらか片方の場合もあれば、両方が関連している方もいます。

自己肯定感が低いことと、プライドが高いということは一見相反するものに感じるかもしれません。しかし、プライドは「他人から認められたいという他者承認」、自己肯定感は「自分を認めているという状態の自己承認」を指します。プライドの高い人は他者承認が高いものの、自分自身を認めていないという自己肯定感の低さを持っている場合があるのです。

2.異性に苦手意識がある

異性を苦手にしているのも恋愛下手に多い特徴です。苦手意識には、過去のトラウマの影響を受けている可能性があります。

過去のトラウマは恋愛だけに限りません。学校生活や職場などでの異性に心の傷を負わされたような経験も苦手意識の元になります。

恋愛でのトラウマでは、過去に浮気をされたなどの経験から、もう一度同じことを次の恋愛でもされるという思い込み、それが苦手意識につながってしまっています。

3.ネガティブなことばかり先回りで想像している

ネガティブなことばかり先回りして想像してしまうのには、自己肯定感の低さからくる「自動思考」が関係しています。

「自動思考」とはその人が持つ考えのクセのようなもの。考えのクセには本人の価値観が元になっています。「自分なんて受け入れられるわけない」というネガティブな根拠のない考えのクセから、ネガティブな思考に自動的になってしまっているのです。

4.相手の嫌なところばかり目についてしまう

恋愛下手な人には、相手の嫌なところばかり目についてしまい、恋愛を自ら遠ざけてしまうという特徴があります。一見、気持ちが冷めてしまったというように見えるかもしれませんが、これには自分の心を守っている心理が隠れている場合があるのです。

恋愛では終始仲良くできる時期だけではなく、時には険悪になる時期もあります。その不安定な時期を「相手にこんな悪いところがあるから」と相手のせいにして、自分のせいではないと自分の心を守ってしまっているのです。

すべてを相手のせいにしてしまっては恋愛はうまくいきません。

5.相手の気持ちばかり優先している

相手の気持ちばかりを優先してしまっているが故に恋愛に疲れてしまい、恋が続かないという特徴を持っている方も、恋愛下手には多い特徴の1つです。

この特徴を持つ方は、相手に対する依存傾向が強くなってしまっています。依存してしまう理由には、前述した過去のトラウマを繰り返さないため、相手ではなく恋愛をしている自分が好きという「恋に恋している」などさまざまなものがあります。

恋に疲れてしまうのは、相手であるパターンと自分であるパターンがあります。どちらにせよ、疲れてしまう恋愛をしていては恋は長続きしません。

相手の顔色ばかりを気にしていませんか?

恋愛下手を克服するための「6つの方法」

恋愛下手の特徴と原因について触れてきましたが、ここからは恋愛下手な状態から脱却する方法をお伝えしていきます。

1.自己肯定感を高める

恋愛下手の特徴と原因で何度も登場した「自己肯定感の低さ」ですが、恋愛下手を克服するためには自己肯定感を高めることが大切です。

自己肯定感の低さからくる「自動思考」によってネガティブなイメージを持ってしまう方は、まずはその根拠となる考え方のクセについて考えてみましょう。「こんなことをしたら彼に嫌われてしまう」と思ってしまう方は、なぜ嫌われると思ってしまっているのでしょうか。その部分を考えてみると、意外と何の根拠もないことだと気づくことができます。

また、自己肯定感の低い方は自分のプラス面に気づいていない場合がほとんど。自分のできていることに目を向けてみてください。

過去のトラウマを思い出してしまった方は、過去であり、今の恋のお相手はまったくの別人であることを認識してください。色んな恋愛マニュアルには恋のパターンが記載されていますが、まったく同じことはまず起こりません。思い込みに過ぎないということを覚えておいてください。

2.まずは会話から、アプローチしてみる

恋愛は、相手がよほどのプラス思考で積極的なタイプでない限り、一方だけでは恋は進みません。

恋愛下手を克服したいのであれば、あなたのほうから一歩相手に歩み寄ってみてください。最初から好意をアピールするのは少しハードルが高いので、相手に話しかけることから始めてみるといいでしょう。

話しかけるという行動でも、相手への恋愛感情までは伝わりませんが、嫌われていないという好意を伝えることができます。

3.自分の気持ちを優先する

恋愛はどちらかが一方的に合わせていては長続きしません。相手に合わせようとするばかりに目が行ってしまい、自分の良さをアピールできていないからです。

また、主体性がないと魅力的に感じてもらえない場合もあります。

自分の気持ちを優先できない理由には前述した自己肯定感の低さや、依存傾向が関係しています。自己肯定感の高める方法とともに、自分の気持ちを優先するように心がけてください。

まずは自分を好きになること。

4.思っていることをちゃんと伝える

思っていることは、言葉や行動に出さないと相手はまず気づいてくれません。恋愛では、思いを素直に相手に伝えることが大切です。

伝えられない場合の多くは、過去のトラウマや自動思考が関係しています。「過去に思っていることを素直に伝えたために恋愛が終わってしまった」、「自分の考えを口にすると相手に嫌われてしまう」という考えのクセを持ってしまっているのです。

忘れないでほしいのは、過去と今は、自分の考えと相手の考えは違うということ。すべて未来へのネガティブな想像でしかないということです。

【3】でもお伝えした通り、無理をする恋愛は長続きしません。相手に合わすのではく、自分と合う相手を見つける、ということを目的に恋愛を楽しんでみてください。

5.友人に積極的に相談する

恋愛に集中しているときは視野が狭くなっていて、今起こっていることを一方向でしか見られていない可能性があります。そんなときには友人からのアドバイスをもらいましょう。第三者からの意見を入れることで今起こっていることを多方面から見ることができます。

しかし、ここで注意してほしいのが、アドバイスを鵜呑みにし過ぎないこと。友人が過去の経験からアドバイスしてくることもあるでしょうが、それはその友人に起こった出来事であり、あなたの未来に起こる出来事とまったく一緒ではありません。1つの意見と捉え、多方面を見た上で、あなたがしたい行動をとってください。

6.恋愛から離れる時間を作る

【5】でもお伝えした通り、恋愛に集中しているときは一方向しか見れていないという可能性があります。また、気づかないままに依存傾向を強めてしまい、自分または相手の恋愛疲れを起こしている場合もあります。

恋愛がうまくいかないことが続くなら、恋愛から少し離れてみましょう。その期間を、自己肯定感を高めるために趣味や習い事などを始めてみたり、視野を広げるためにも友人と交流する時間に当ててみるのがおすすめです。

恋愛は必ずしなければいけないというものではありません。自分を好きになれるように、まずは恋愛以外のことを全力で楽しんでみてください。

☆☆☆

恋愛下手について、ご自身に思い当たるところはあったでしょうか?ぜひ上記の内容を参考に、恋愛への上手な一歩を進めてみてください。