恋愛&結婚 LINEでの告白ってあり?ありえない?メリットやデメリット、例文も紹介【恋愛講座】

LINEはいまや恋愛必勝ツールの代表例。でも、LINEで告白って、どうなのでしょう?さすがにそれはダメだよって思う人もいるかもしれませんが、LINEでお付き合いが始まったというカップルも少なくないよう。イマドキLINEの告白事情を紹介します。

LINEでの告白ってあり?ありえない?

LINEで告白するメリット3つ

実はLINEでの告白にはメリットがいっぱい!具体的に見ていきましょう。

1.メッセージを推敲できる

文字での告白だからこそのメリット。それはメッセージを推敲できること。対面告白の場合、告白しようと決意しても、なかなかタイミングが合わなかったり、バタバタしたりして言いたいことをちゃんと言えなかったということもよくあるでしょう。その点、文字は事前に伝えたい思いをまとめることができるので、そんな失敗はありません。そして、LINEだったら、リアルタイムで相手の既読も分かってしまうのがいいところ。何度も推敲したら、対面告白にありがちな「そんなこと言うつもりなかったのに」や「きちんと告白できなかった」という失敗はなくなりそうですね。

2.重くなり過ぎずに済む

対面告白だと口下手な人はなかなかうまく思いを伝えられないことも……。さらっと言いすぎて本気にしてもらえなかったり、重くなりすぎて思わず泣いてしまったり、不測の事態が起こってしまうことも。その点LINEは万全の準備ができるのがいいところ。特に恋愛初心者には心強い味方になりそうですね。

3.チャンスが何度もある

対面告白したくても、なかなか彼と二人っきりになれるチャンスがないことも。ですが、LINEならその点は大丈夫。二人っきりになれなくても、何度でも告白するチャンスが得られます。そして、LINEは一方的に送ることができるので、告白に失敗しても何度も何度もアタックすることができちゃいます。自分のタイミングで告白することができますね。

やっぱり直接にはかなわない?LINEで告白するデメリット4つ

それでは、LINEでの告白のデメリットを見ていきましょう。

1.顔が見えないので、相手の反応がわからない

LINEの告白は、一方的に言いたいことが言える反面、相手の反応を見ながら言葉を選ぶということができません。そうなると、逆に「告白しなかったらよかった」というときも、言葉を取り消すことができません。彼にほかに好きな人がいることがわかったら、対面告白なら急遽告白を取りやめることができても、LINEだとそれができないので、「言わなきゃよかった」ということが多々起こりそうですね。残念ながらLINEではできないこともあるのです。

2.想いが伝わりにくい

LINEをいつも使っていると、特別な告白もいつものLINEぐらいに軽く受け止められることもあるでしょう。そうなると、相手に想いが伝わりにくくスルーされてしまうことも。こちらが真剣な気持ちで告白LINEを送ったのに、彼に軽くあしらわれてしまったら立ち直れないですよね。特に文章が苦手な人はなかなか想いが伝わらず、やきもきした気持ちになるかもしれませんね。

3.相手がLINEを読んでいる状況がわからない

LINEは思い立ったら告白できるものの、その分相手の事情にはお構いなしです。タイミングが悪いと、彼が「それどころじゃない」というピンチのときに、告白LINEが届いてしまうときも。そうなったら、既読スルーされてしまったまま、告白した側は不完全燃焼になってしまうでしょう。対面告白だと、それどころじゃないときは告白しない選択ができます。逆に彼の立場を察して臨機応変に力になるということもできそうです。

4.既読スルーされる可能性も

いきなりLINEで告白されても、どう答えていいのかわからない、そんなときは、LINEなら既読スルー決定です。YESともNOとも言いにくいことは、あえて返事をしない選択ができてしまうのが、LINEの良いところでもあり悪いところでもあります。

対面告白だと、告白された方は何らかの返事をしないとなりませんが、LINEだと簡単に既読スルー出来てしまうので、「いったいいつまで返事を待てばいいの?」とやきもきしてしまうかもしれません。

LINEでの告白を成功させるポイント

メリットもあればデメリットもあるLINE。それらを理解した上で、改めてLINEでの告白を成功させるにはどんなポイントに気をつければいいか、具体的にアドバイスします。

いきなりではなく、話の流れの中で

LINEでの告白は話の流れの中でするのがベターです。いきなり告白されても、「なんのことやら?」「もしかしてからかわれている?」と思ってしまうのがオチなので、話の流れで告白してみましょう。LINEのやり取りの中で、「好きな人がいるの」「それは……○○君のことだよ」なんて伝えられたら、とてもドラマチックな告白になることも。そんな展開なら、いきなり告白される対面告白よりずっと想いが伝わるはずです。LINEならではの告白の形なので、是非取り入れてみましょう。

時間帯は夜がおすすめ

対面告白では、お互いが会うことができる日中がメインの時間帯となります。ですが、仕事をしている男女にとって日中は忙しいもの。突然電話が来たり、呼び出しがあったりとなかなか時間を取ることができません。

その点LINEなら時間を選ばないところがいいところ。ちょうど仕事終わりの夜だったら、彼もリラックスしてきちんとLINEを読んでくれるかも!夜の人恋しさもプラスされて、ついついクラっといってしまうかもしれませんね。

「好き」「付き合ってほしい」をはっきり伝える

LINEで告白するときは、「好き」「付き合ってほしい」とはっきりと伝えることがポイントです。それでなくても、LINEのメッセージは雑談に溶け込みやすいものなので、遠回しに伝えていたら、ササっと見て適当に解釈されてしまう可能性も。また、既読スルーができてしまうので、いつまでも返事をもらえないこともあるでしょう。きちんと言葉で思いを伝えることで、相手に「返事を返さないといけないな」という気持ちにさせなくてはなりません。

返事がこなくても、追い詰めるようなことはしない

LINEで告白して返事がなくても、あえて追い詰めないのも大事なことです。LINEだと何度でも告白するチャンスがあります。LINEで何度もやり取りをすれば、徐々に彼との距離も縮められるというわけです。告白してきた女性は彼も気になるもの。徐々に彼を振り向かせられればいいですよね。

LINEでの告白、例文集

LINEで告白する際、関係によって告白の方法は変わるでしょう。そこで、最後にLINEでの告白の例文を紹介しておきます。

仲の良い友達関係の場合

仲の良い友達関係の場合は改まった文面で告白するといいでしょう。「実は前から好きでした。友達ではなく彼女として付き合ってもらえませんか」と聞いてみましょう。「前から好きでした」という一文があると、彼も「きちんと向き合わないと」という気持ちになりますよ。

職場の同僚の場合

職場の同僚の場合、彼にとってあなたはライバルでもあり、仲間でもあります。だからこそ、彼のことを尊敬する言葉は彼にまっすぐ届きそうです。「真摯に仕事をしているあなたの姿に恋してしまいました」そんなふうに同僚から認められたら、彼もまんざらでないはずですよ。

2、3回デートをした相手の場合

2、3回デートした相手の場合は、デートしたことを話題にするのがいいでしょう。「デートした時はとても楽しくて、一緒にいるとずっと楽しくいられるように思いました」彼もデートを思い出して、いい返事をしたくなってしまうかもしれませんね。

LINEで告白して、振られちゃったら……?

LINEで告白したら振られてしまった…….。彼のLINEを削除するなんてことはやめましょう。LINEでは何度も告白するチャンスがあるはずです。今はダメでも時間が経てば、また告白するチャンスが到来するかも。恋愛はタイミングも大事です。今はダメでも未来はわかりません。その時まだ彼のことが好きなら再チャレンジもありですね。

☆☆☆

LINEで告白するのは今やそれほど特別なことではありません。せっかくの恋愛ツールなので、有効に使って素敵な恋をゲットしましょう。

メリット・デメリットを理解した上で、LINEを使いこなしましょう!

これまでの【恋愛講座】をチェックしたい方は
https://suits-woman.jp/tag/恋愛講座/