恋愛&結婚 コロナ禍で発症した摂食障害で体重が36キロに。それでも何も言わない親とは「仲良し」【前編】

20代後半~30代前半の女性に親子関係について話を聞くと千差万別であることがわかってくる。

「毒親だから縁を切っている」という人もいれば、「週末は母と遊ぶ」「実家暮らしで両親が全部家事をしてくれる」という人もいる。

親子の関係に「これが正解」という定義はない。ただ、いつか親は先に老いて先に逝ってしまう。「いずれ子供はひとりで生きる」ことを考えつつ、親子関係を考えていかなくてはならないが、それは何歳ごろから考えるべきなのだろうか。

親との結びつきが強まる背景には、収入の少なさや介護などで一人暮らしができない人が増えているという現実もある。総務省統計研修所『親と同居の未婚者の最近の状況』(2017年・西文彦)を見ると、親と同居の若年未婚者(20~34歳)の割合は、1980年は約30%であるのに対し、2016年は約46%に上がっている。

毎年、コスプレをして家族写真を撮る

IT関連会社に勤務する池田彩香さん(仮名・27歳)は、23区内の実家に両親と姉と住んでいる。2020年の夏、体重が36キロにまで落ちてしまい、病院に強制的に連れていかれたという。身長は160㎝、以前の体重は50㎏だったそう。現在の体重は41kg。浮き上がった肩の骨にドキッとする。

「もともと太りやすい体質だったので、小学校の頃から太らないように気を付けていました。といっても、お菓子を食べなかったり、ちょっと運動をしたりする程度です」

小学生の頃から瘦身を意識する女性は多い。

「小学生向けのファッション誌でもスキニーな体型の子が出てくるし、やはりああいう体型になりたい。痩せたくなったらネットで調べれば、効果的なダイエット方法がいくらでもあがっていました。でも、当時の情報ってかなり危ないものもあったと思います」

最初にダイエット系サプリメントを飲んだのは、小学校6年生の時だったという。

「3歳年上の姉に母が買ってきたんですよね。母は“女性は細くなくてはいけない”と思ってるようなところがあります。実際に美人です。父もスリムなイケメンです。専業主婦の母と、会社経営をしている父は2人とも今年還暦ですが、すごく仲がいいです」

両親は二人とも細身スタイルをキープ。

今も年に1回、写真スタジオに家族写真を撮りに行くという。

「19世紀のヨーロッパの貴族をイメージした衣装を着たり、ロココ調のドレスを着たり、LAのパリピをイメージしたり……父がプロデューサーになって、あれこれカメラマンさんに指示してくれるんです」

コロナ前に撮影した2年前の写真を見せていただくと、美しい両親と紗香さんがシャーロック・ホームズを思わせるコスプレをして、洋館と思しき場所で写っていた。

「ロケ地も父が手配して、撮影の2週間前からみんなで節制したり、ストレッチするんですよ。撮影が終わると“チートしよう”と、好きなものを食べます。だいたい父がフレンチレストランを予約してくれて、そこに私の彼も呼び、4人で食事をすることが多いです」

ちなみに「チート」とは、ダイエット中に設定する「好きなもの食べてよい日」のこと。

「日常生活では体のことを気にしてはいません。でも両親が細いので、他の家に比べるとあまり食べないと思います。中高のお弁当も人より小さかったし、すぐにお腹いっぱいになっちゃいますね」

焼肉に行ってもサラダ半分、肉3~4切れ、小鉢のナムル、ご飯半分、スープ半分で十分だという。

ところで、このコスプレファミリー写真に写っているのは3人しかいない。3歳年上の姉はどうしているのか。

「姉はこういうのがキライみたいで、家にいます。ずっと家にいるからすごく太ってしまっているんですよね」

3歳年上の姉は撮影に不参加「トドコちゃん」と呼ばれ

1 2