恋愛&結婚 優しかった彼が豹変!変わってしまったのは私のせい……?【後編】

白石麻衣に似た清楚系美人のマイさん(35歳)は、中学の同級生のAくんと偶然に再会。思いがけない再会に盛り上がったふたりの間には恋が芽生え、いい感じかと思いきや、Aくんには同棲が解消できていない別れた彼女の存在が……。上手くいきそうに見えた恋愛に、陰りが見え始めます。前編はこちら

もたもたするAくんにマイさんは…

その後もマイさんとAくんはデートを続けますが、徐々にAくんの態度が変化してきたと言います。

「それからは度々Aくんに『同棲は解消できそう?』と聞くようになりました。だって、もちろん気になりますから。そうすると『まだなんだ、ごめん!』とか、『今日はアパート見てきたけど、いまいちだった』などとAくんは言うのですが、同棲解消したら付き合いたいという話をされてから10日間ほど経っても、まだ動きはなさそうでした」

そこでマイさんは「中途半端な状態は良くないよ。ちゃんと別れて」と彼に改めて言いました。すると「もちろん、分かってるよ」と彼は言うものの、「でもお互い仕事もあって、なかなか物事が進まないんだ」とのこと。

「早く付き合えた方がいいのに、焦ってなさそうなAくんの様子にちょっとイラッとしてしまい、『こういう状態のままでいるのは、私とAくんにとっても良くないし、彼女のためにも良くないよ』って、少し責めるように言っちゃったんですね。だって、それは本当のことですから」

すると、Aくんはちょっと面倒くさそうな態度になり「分かってるよ。でもこれは俺のことだし、自分のタイミングで進めたいんだよ。マイちゃんに急かされるのは違う気がする……」と言ってきたそう。

面倒くさそうな態度からの形勢逆転……?

そんなことがあってから、AくんとのLINEは、以前より会話が弾まなくなってしまいます。慌てたマイさんは、自然とAくんへのLINEが増えていったそうです。

「再会したばかりの頃は、Aくんの方が私を追いかけている感じだったのですが、このころから形勢逆転、という感じになりました。LINEをしても『今は忙しいから、また後で』とか言われたり……。絶対に返信する時間くらいあるはずなのに」

ある時、Aくんからの未読無視が続き、イライラしたマイさんは、着信やスタンプなどを何度かくり返したそう。すると「家にいるときはゆっくりしたいから、あまりLINEしないで欲しい」という返信がAくんから送られてきます。「同棲さえ解消すれば私たちはうまく行くのに、このまま関係がこじれてダメになるのは嫌」と思ったマイさんは「会ってちゃんと話し合おう」と提案します。

手を繋いだり、軽いキスなどはすることはあったマイさんとAくん
1 2