恋愛&結婚 元彼に連絡したい!アプローチ方法や、連絡してはいけないケースを徹底解説【恋愛講座】

元彼と寄りを戻したい……。そんなときは感情のおもむくままに連絡するのではなく、戦略を立てて連絡をすることが大切です。一度別れた彼と再び寄りを戻すのはかなり難しいこと。また同じ失敗をしてしまうことだってあり得るからです。

今回は、元彼に連絡するときのアプローチ方法や、連絡してはいけないケースなどをアドバイスしていきます。

男性は元カノからの連絡ってどう思うもの?

ところで、男性は元カノから急に連絡があったとき、どう感じるものなのでしょうか?

元彼が振った場合

元彼が振った場合、元カノからの連絡はかなり複雑と感じるでしょう。中にはもう元カノと関わりたくないと思っている人もいるはず。そんな場合は迷惑でしかないでしょう。ですが、ブロックされずにちゃんと連絡ができるようになっていれば、少しは脈ありと考えていいのかも。元彼が振ったとしても、あなたのことが嫌いになって振ったわけでないこともあるからです。

別に好きな人ができた、仕事が忙しくて付き合うのが難しくなったなど、男性の方も意外と複雑な事情を抱えているもの。そして、時間は流れています。彼もあの頃と同じような状態が続いているとは限りません。嫌いになって別れたのでなければ、タイミングによっては復縁もありかもしれません。

あなたが振った場合

元彼が振られた立場である場合、彼にすれば突然の別れだったかもしれません。なぜ振られたんだろうという思いで辛い日々を送っていることも……。あなたから嫌われたと思って落ち込んでいるかもしれませんね。そんなときに、あなたの方から連絡があれば、彼はもう一度仲直りしてやり直せると好意的に考えるかもしれません。

ただ、どのような事情であれ、振られたことで彼は傷ついているはず。あなたのことを信じられなくなっていることもあるかも……。その点はちょっと心に留めておきましょう。

元彼に連絡していいか迷う、なんだか怖い……。どうすればいい?

元彼に連絡をしたいと思っても、実際に行動に起こすには、なかなかハードルが高そうです。彼からいい返事をもらえなかったらどうしよう?彼が昔のままじゃなかったら……?

共通の知人に相談してみる

まずは共通の知人に相談してみることがおすすめです。彼が今どんな状況なのか、共通の知人なら知っていることもあるはずですよ。彼に新しい彼女がいるのか、彼があなたと別れてどんな感じなのか、その後の情報を把握しているかもしれません。そして、そんな相談をしておけば、その知人が彼と会ったときに、何気なくあなたが寄りを戻したがっていることを伝えてくれることも。そうすれば、スムーズに元の鞘に収まることもあるかもしれませんね。

占いを参考にしてみる

彼に連絡をするなら、いいタイミングで連絡をしたいものです。そんなときは占いを参考にするのもいいでしょう。星の巡りはあるものなので、よい巡りのときを見計らって連絡をすれば、成功を期待できるかもしれません。占いの結果が不安な気持ちを後押ししてくれるかもしれませんね。

考えるよりも行動!

元彼と寄りを戻したいと思っているのに、何もせず、自分の中でぐずぐずとくすぶっているのはよくないですね。いつまでも気持ちが昇華せず、次の恋にも進めません。それぐらいなら、当たって砕けろもありですよね。行動してみてダメだったら諦めもつきます。

元彼に連絡したい!タイミング別アドバイス

時間の経過とともに彼の気持ちも変わっていくものです。タイミングによってどんな行動をとればいいのかを考えてみましょう。

別れてから半年経つ場合

別れてから半年はお互いの気持ちもまだまだ冷めていない頃。ですが、同時に別れたときのこともまだ鮮明に覚えているはず。復縁したいと思ったなら、別れた原因をとことん考える必要があるでしょう。この頃はまだ気持ちも冷めていないので、つまらないケンカで別れたのなら簡単に復縁できる可能性もあります。あなたが原因で別れになったのなら、「あのときはごめんなさい」ときちんと謝ればきっと彼も許せるはず。彼に原因があるときは、その気持ちをしっかり伝えましょう。そうすることで仲良かった日々が取り戻せるかもしれませんよ。

別れてから1年経つ場合

別れてから1年経った場合はどうでしょう?お互いの気持ちが違う方向を向いてくる頃でもあります。1年は様々な意味で一区切りとなる日数です。1年を過ぎたあたりから、お互いの価値観もすれ違ってくると思っていいでしょう。もし彼との関係を前のように戻したいと思ったら、1年ぐらいがタイムリミットかもしれませんね。つまらないケンカで別れたのなら、お互いもう冷静になっているはず。彼もバカなことをしたなと後悔しているかもしれません。辛い経験をしたからこそ、もう2度と同じ失敗はしないと彼も思っていることでしょう。

そんな状況ですから「あなたのことが忘れられなくて」と素直な気持ちで接してみては?お互いにきちんと気持ちを伝え合えたら、寄りを戻すのもそれほど難しくはないでしょう。

別れてから2年経った場合

別れてから2年経った場合、もうこれはお互いに新しい相手がいるかもしれませんね。2年もあれば別の恋をするのには十分です。お互いの価値観も変わってきているかもしれませんし、仕事などでも変化が起こっているかも。2年間の空白を埋めるのは並大抵のことではありません。それでも復縁したいなら、まずは友達から始めてみるのがいいでしょう。友達から始めて、徐々にお互いを知っていくのです。彼もあなたもきっと変わっているはず。前と同じには戻らないから、新しい恋をするように恋をし直してみましょう。まずは遊びに行く約束を取り付けてみてはどうでしょう?懐かしい場所やデートした場所などに共通の思い出を持つ友達として遊びに出かけるのもいいでしょう。

別れてから10年経った場合

別れてから10年経った場合は、もうこれは懐かしの人だと思った方がいいでしょう。10年経つと人は変わります。別れた理由だってお互い若くて幼かったゆえの出来事として昇華しているはず。かえって楽しかった思い出しか残ってないということもあるかもしれません。同窓会で旧友に会うような感じでアプローチするのが一番です。連絡するときは開口一番「お久しぶり!」で大丈夫。きっとわだかまりは残っていないはずですよ。

元彼に連絡するタイミングって、難しい……。

元彼に連絡してはいけない場合

いくら元彼に連絡したい衝動が強くても、元彼に連絡しない方がいい場合もあります。ここではどのような場合には連絡しない方がいいのかを考えてみましょう。

元彼が既婚者の場合

彼が結婚してしまったとなれば、もう諦めたほうがいいでしょう。元カノだから奪い返せるというのはなかなかありません。再び寄りが戻っても辛い恋になりそうです。セカンドとしか見られないなら、新しい恋に飛び立つ方が絶対いいですよね。

元彼からブロックされているなど、脈なしが明らかな場合

元彼からブロックされている場合も諦めたほうがいいでしょう。ブロックされているということはそれだけ嫌われているということ。この事実は辛いことではありますが、結局何とか連絡がついても疎ましがられるだけです。それならば、昔のいい思い出として心の中にしまっておいたほうがいいですよね。

過去に連絡しても、連絡がこない場合

何度か過去に連絡をしたけれど、連絡が来ないという場合も諦めたほうがいいでしょう。連絡をしたのに返事が来ないということは、今回返事をしてもまた来ないという可能性が大。全然なびかない人を相手にしていても虚しいだけなので、さっさと新しい恋に切り替えたほうが得策です。

ただ寂しいだけの場合

ただ寂しいだけで特に寄りを戻したいわけでないというときも連絡しない方がいいでしょう。連絡があれば大なり小なり相手もその気になります。思わせぶりな行動は後々面倒なことになることも。寂しいだけで元彼に連絡すれば、元彼も利用されただけと思うこともあるかも。いい結果にはなりませんよね。

元彼に連絡したい衝動が抑えきれない!どんな内容から始めればいい?

元彼に連絡したいと思ったら、まずはどんな内容の話をすればいいでしょう?ここではファーストコンタクトで何を話せばいいのかを考えてみましょう。

友達として元彼に連絡する場合

友達として元彼に連絡する場合、これはもう懐かしい気持ちを前面に出して「元気にしてた?」と話してみましょう。最初は気まずい空気になったとしても、あなたが無邪気に話せば、彼もわだかまりなく、素直に話に付き合えるはず。あなたが別れたことを気にしていない口ぶりなら、彼もスムーズに話に乗れるはずですよ。

復縁を狙って元彼に連絡する場合

復縁を狙って元彼に連絡する場合は、やはり過去の別れを清算することが必要かも。特にお互い嫌いになって別れたわけではなかったなら、復縁するには彼も何か自分を納得させる理由がほしいはず。あなたが謝る必要があるのかもしれませんし、あなたが許す必要があるのかもしれません。

☆☆☆

元彼と連絡を取りたくなったら、気持ちだけで連絡してしまうのではなく、冷静に自分の周りを整えていきましょう。また、同じ失敗をしないためには、別れたときのことを思い出して、分析したり気持ちの整理をしたりすることも大事です。

【関連記事】
元カレとの復縁を成功させるには、どのくらいの冷却期間が必要?注意点も解説【恋愛講座】