恋愛&結婚 地方に嫁いだ都会女子、メリットは自然の多さと割安な生活費、デメリットは……【前編】

コロナ禍で生活はどう変わったのか……内閣府の「新型コロナウィルス感染症の影響下に置ける生活意識・行動の変化に関する調査」(2020年)をひも解いた。コロナ禍での大きな変化は、家族への意識が高まっていること。約半数が家族の重要性をより意識するようになったと回答。加えて高まっているのは、「東京在住者が、地方暮らしに関心を持つ」ことで、東京都23区に住む20代がもっとも関心が高く、35.4%が「興味がある」と回答。広い家や割安な生活費など地方生活には利点も多い。

とはいえ、現実的に考えると、単身で移住するのはなかなかハードルが高い。都会女子が地方に住むきっかけは、実家に戻るか結婚という人が大多数なのではないだろうか。

そこで今回は、「コロナ禍を機に結婚し、地方に移住した」という女性を取材。メリットとデメリットは何かを深堀りした。

東京生まれ、東京育ちで虫が大嫌い

萩島花音さん(仮名・32歳)は、東京生まれ、東京育ち。現在は東海地方の人口4万人ほどの都市に住み、もうすぐ1年になるという。

「東京からクルマで3時間。大学時代から交際していた彼と結婚して移住しました」

彼は地元の企業の4代目。代々、東京の大学で人脈を作り、見分を広めてから地元に帰るというのが宿命というか、運命だった。

「22歳の時に彼から告白されて、関係を深める前に、“自分はいずれ結婚したら地元に戻らなくてはいけない。僕は花音ちゃんといつか結婚したいと思っている。でも、地方に帰るのが受け入れられないなら、ここまでにしよう”と言ってくれたんです。それまでチャラい遊び人に泣かされてばかりいたので、誠実な彼のことが好きになってしまい、彼を受け入れたんです」

彼の地元の都市の名前を言われたけれどわからなかった。でも近接する大都市の名前を言われるとわかった。

「付き合い始めたのは、大学の卒業式。親に紹介したいと言われたのが、その5か月後の夏休み。彼の家に行ったら、大きな門と池がある日本家屋で、ドラマのワンシーンみたいでした。圧倒されながらも驚いたのが虫の数で。蚊、アブ、蜂、蛾、蝶……害虫も益虫もわんさかいて、卒倒するかと思いました。私は虫が大嫌いなんです」

その時は、なんとか我慢した。花音さんは彼の両親も気に入り、30歳ごろから家に帰る準備をするということで話は落ち着いたという。

「22歳の時は、30歳はまだ先の話だったけれど、あっという間にその時は来ました。その間、彼も修行のために超有名商社で稼業に関連がある仕事をしていて。私も外資系のコンサルティング会社でキャリアを積み、毎日が厳しくも楽しかったです。多忙によるすれ違いも多く、一時期別れたこともありますが、彼の方から連絡が来て、再び付き合うことになりました」

でも、年齢を重ねるほど、地方に行きたくない気持ちが募ってきた。花音さんを地方に出したくない両親は「都心はいいよ。なんでも買えるしね」と言ってくる。

「コロナ禍前までは、ここまで付き合って申し訳ないけれど、彼と別れて、私はキャリア人生を邁進しようかと考えていたんです」

コロナ禍のテレワークが人生を変えた

1 2