恋愛&結婚 彼の不満、ケンカ、別れ話…女友達にする恋愛相談ってどこまでOK? 

恋愛相談は結論を出すためでなく、話を聞いて欲しいため!

恋愛相談をする理由を尋ねてみると、「話を聞いてほしいから」が最も多く、次いで「気持ちを整理したい」という結果に。意外にも「アドバイスが欲しい」とか「背中を押してほしい」という人は少ないことがわかりました。

■恋愛相談をする理由は?
・話を聞いてほしい(36%)
・気持ちを整理したい(25%)
・話してスッキリしたい(16%)
・アドバイスが欲しい(14%)
・背中を押してほしい(6%)
・経験談を聞きたい(3%)

つまり女性が恋愛相談をするのは、結論を出す手伝いをしてほしいのではなく、自分の気持ちを見つめなおすために単に話を聞いてほしいだけだということがわかったのです。

恋愛相談は話すだけではダメ。相手の気持ちも考えて対応を!

確かに女性なら「ただ話を聞いてくれればいい」という気持ち、わかります。でも実は意外とその相談に不満を感じている人も多いようです。

■友達の恋愛相談で困ってしまうことは?
・現実を受け入れない(30%)
・アドバイスをスルー(19%)
・「別れたい」詐欺(14%)
・ノロケに変わる(14%)
・「でも…」ばかり(13%)
・恋愛の不幸自慢(10%)

最も多い不満は、「現実を受け入れない」で3割。また「アドバイスをスル―」されたという人も意外と多いようです。結局はノロケだったとか、自慢だったというタイプの相談もNGと判明! 結論を出すのは本人とはいえ、やはり相談される側としては、何か彼女に与えてあげたいと思うもの。アドバイスを参考にしてもらったり、勇気や元気が出てくれればいいと思うのが友達なのですよね。

恋バナをすると、より友情は深まります。でも一線を越えると、その友情にヒビが入ることがあるので注意! あくまでも相手の気持ちを考えた相談を心がけたいですね!!

1 2