恋愛&結婚 「聞き上手な女性」の特徴と心がけていることとは?モテる女性は聞き上手【恋愛講座】

「聞き上手な女性はモテる」という話をよく耳にしませんか。一体、どうすれば「聞き上手な女性」になれるのでしょう。ここでは、「聞き上手な女性」の特徴や、彼女たちが心がけていることを紹介していきます。

うまく話せないなら、「聞き上手」を目指そう!

モテる女性の共通点!「聞き上手」は愛され上手

スナックや飲み屋さんのママはみんな聞き上手。多くの男性たちは、自分の話を聞いてもらいたいので、せっせとお店に通います。話を聞いてもらうことで癒されているのでしょう。そう考えると、聞き上手な人は異性を引き寄せる力があるのです。つまり、聞き上手は愛され上手ということ!異性にモテるためには「聞き上手な女性」を目指したいですね。

「聞き上手な女性」の特徴4つ

「聞き上手な女性」にはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは具体的に見ていきます。

1.会話を楽しんでいる

「本当は自分が話したいのに、それを我慢して聞き役に徹する…」もしそんな心境ならば、ビジネスシーンであったとしても、長時間ずっと笑顔で人の話を聞くのは難しいですよね。会話をすることは、意外と体力も気力も使うもの。そういう時は、いやいや聞き役に回るのではなく、より会話を楽しむという姿勢で臨むといいでしょう。

会話を楽しむには聞く方の想像力も大切です。一見興味のないような話でも、自分の興味に結びつけて聞いてみれば楽しくなるものではないでしょうか。そうなればいろんな話を受け止められますし、話を広げることができそうですね。自分の知識をフルに動員し、積極的に会話に参加するという気持ちを持つことが会話を楽しむ秘訣です。

2.相槌が上手

男性からすれば、「聞き上手な女性」とのおしゃべりは楽しくて、ついつい時が過ぎるのを忘れてしまいます。普段はあまりしゃべらない人であっても、いつもより話し込んでしまうことも。「聞き上手の女性」は、ちょうどいいタイミングで「すごいね」「面白い」「それで、それで?」なんて相槌を打つことができます。そうすれば男性も、気持ちよくなって心を開いてくれることでしょう。

3.質問が上手

話している最中に、その内容について質問されると会話は広がります。ですが、質問をするにはテクニックが必要。すでに話したことだったり、矛盾する質問を返されたりすればどうでしょう?せっかく気持ちよく話していた男性も、いちいち答えるのが面倒と思ってしまうかも…。そうなれば会話は弾みませんよね。

その点「聞き上手な女性」は質問の仕方がとても上手。相手が話したいことや隠しておきたいことをちゃんと瞬時に理解して、会話が続くようにうまく質問します。また相手の自尊心をくすぐるような質問をして、おしゃべりしていて楽しいなという気持ちを演出することも忘れません。こういうテクニックは参考にしたいですよね。

4.好奇心旺盛

全く興味のない話や知らない分野の話をされると、とても楽しくおしゃべりなんてできないと思う女性もいるでしょう。ですが、「聞き上手な女性」も世の中のすべての話題についてわかっているわけではありません。知らないことに対して尻込みすることなく、自分からその世界にどんどん入っていこうとします。多くの男性は、そんな女性には手取り足取り教えてあげたいと思うもの。結果的に何の知識がなくても「聞き上手な女性」とは話が弾むのです。

「聞き上手な女性」になるために

それでは、普段聞き上手ではない女性が、「聞き上手な女性」になるにはどうすればいいでしょう?ここでは「聞き上手な女性」になるためのコツをアドバイスします。

「聞き上手な女性」が心がけていることとは?

1.相手の話を最後まで聞く

「聞き上手な女性」は相手の話をよく聞いています。だからこそ、上手に相槌を入れたり、質問をしたりできるのですよね。気もそぞろに話を聞いていたら、相手の話を誤解したり、結論を早合点したりしてしまってギクシャクした会話になってしまうことも…。そうなると話す方も落ちつかず、深い話をしようとは思わなくなるでしょう。

相手から好かれたいと思うなら、相手の話を最後まで聞くことが大切。会話を長く続けるためには、会話が積み重ならなくてはなりません。相手の話を最後まで聞かないと、そのような会話の積み重ねがスムーズに進められないのです。

2.いろいろなことに興味を持つ

好奇心旺盛な女性は話題が豊富。そういう女性なら、たとえ知らない世界の話でも、自分の中で知っている何かに結びつけて話題を広げたり、自分の意見を言ったりすることもできるでしょう。男性も「聞き上手な女性」が好きとはいえ、ただニコニコとうなずいているだけの女性をいいと思っているわけではありません。それだけの人なら、ロボットに話しかけているのとたいして変わりないでしょう。やはり男性も自分の話に反応してもらいたい、共感してもらいたいと思っています。

「聞き上手な女性」を目指すなら、いろいろなことに興味を持つようにしましょう。

3.表情や口調など、表現を豊かに

「聞き上手な女性」は、ただ大人しく聞いているだけに見えて実は表情豊か。「目は口ほどに物を言う」と言われるように、驚いたり喜んだりと楽しんでいる様子が相手に伝われば、話す方もついつい引き込まれてたくさんおしゃべりしてしまいます。人は無表情な相手には、なかなか会話を弾ませることができません。男性はあなたの表情から反応を見ているのです。だから「聞き上手な女性」を目指すなら表現が豊かになるように気を配りましょう。

4.相手の話に被せない

気持ちよくおしゃべりをしていたのに上から話を被せられたら、一気に気分が萎えてしまうでしょう。せっかく話そうと思っていたことも不完全燃焼で終わってしまい、ストレスだけがたまってしまうかもしれません。話す方はいつでも自分が主役のつもりで話しているので、主役の座を横からとられてしまったら面白くないでしょう。相手の話に上から被せるような行為はとても「聞き上手な女性」とは言えませんね。そこには、結局はあなたが話したいのであり、私が目立ちたい、話題の中心になりたいという思いが見え隠れしています。

「聞き上手な女性」を目指すなら、相手の話に自分の話を被せることなく、最後まで相手の話を聞くように心がけましょう。

5.すぐ「それ知ってる!」と言わない

相手が話そうとすると、すぐ「それ知ってる!」と言ってしまう女性がいます。話す方からすれば、「じゃあもう言わなくてもいいということか」と思ってしまい、話そうとする気持ちは萎えてしまいます。また、相手は何をどこまでわかっている前提で話していいのかわからなくなってしまうことも。当然、会話は弾まず、かといって教えることもできずで、気まずい雰囲気だけが流れてしまうかも…。

そうならないためにも、多少知っていることも知らないふりをして、相手に語らせてこそ「聞き上手な女性」と言えるでしょう。

6.相手を褒める

褒められたら誰だって嫌な気持はしないもの。会話の中で積極的に相手を褒めることをしたらどうでしょう。一見褒めるに値しないと思われるようなことでも、積極的に褒めることで相手は雄弁になるもの。あなたとの会話をとても貴重なものに感じるはずですよ。

7.相手を否定しない

時に自分は賛同できないという意見もあることでしょう。ですが、自分とは違う意見だったとしても、それを頭ごなしに否定するのはよくありません。そんなことをされたら、相手は傷ついて、それ以上会話を続けようとはしないはずです。世の中には自分とは意見の違う相手もいるものです。

「聞き上手な女性」は、広い視野に立って相手の立場になって物事を考えられるからこそ、自分とは異なる意見を受け入れられるのでしょう。相手を否定しないで話を楽しむことが会話の基本です。

8.先入観を持たない

先入観で人を判断するのはいいことではありません。先入観があると、「きっと〇〇だろう」と考えて、相手の話をいい加減に聴きがち。そうなれば、相手のことを理解することは到底かなわないことでしょう。先入観だけで相手を判断してしまうのはもったいないこと。先入観を持つことなく相手の会話を聞くことが大事です。そうすることで初めて「聞き上手な女性」になっていくのではないでしょうか。

☆☆☆

「聞き上手な女性」でいることは、会話の際に相手に対しておもてなしの心を持つということでもあります。ただ話を聞いているだけでは、とてもモテる女性にはなりません。そこに相手を思いやる心があってこそ成立するのです。

【関連記事】
職場にいる「色気がある女性」の特徴とは?外見・内面ともに目指せいい女!