恋愛&結婚 束縛する人の心理って?特徴や対処法を知って幸せな恋愛をしよう

束縛って何?なんでしてしまうの?

好きな相手が他の異性と話しているだけでヤキモチを焼いてしまうことは、愛情表現の1つとして好意的に受け取られることが多いものの、それが度を超えて相手が窮屈を感じてしまっていれば束縛になってしまいます。

束縛とは、相手の自由を奪い、相手を独占したいという気持ちの表われです。その独占欲は相手の気持ちを信じられないという不安からくるもの。相手の行動を自分の思い通りにコントロールすることで不安要素をなくして、安心したいという思いがあります。

束縛してしまう人の心理とは

相手を束縛したいと思ってしまう心の裏にはどんな心理が隠されているのかを見ていきましょう。

1.自信がない

自分に自信がない人は相手に好きになってもらえるわけないという、否定の気持ちを持ってしまっています。なので相手の愛情を素直に受け取れません。

別の相手が現れた場合にはそちらを選んでしまうのでは…という不安を常に持っています。その不安を解消するために、縛って相手をコントロールしてしまっているのです。

2.独占欲が強い

彼氏や好きな人以外でも、友人関係で自分より他の子と仲良くするのを嫌がる人は元々独占欲が強いタイプ。独占欲が強い人は、好きな相手に束縛をしてしまいます。

これには自分の価値を相手に求めてしまっているから。「あの人に必要とされる自分」にのみ価値があると思い込み、相手から必要されることを極端に求めます。相手を独占して、他の人を必要する可能性を遮断しようとするため、それが束縛につながってしまいます。

3.拒否に対する感受性が強い

感受性とは外部からの刺激を受け取る感度のことを言います。対人関係においては相手の気持ちを敏感に受け取ることができ、優しい人と受け取られることも多いでしょう。

しかし、拒否に対する感受性が強すぎると、相手の言葉をネガティブに受け取りやすく、それによって不安を常に抱えてしまいます。

相手に対しての不安を解消するために相手の気持ちや行動を常に確認することを止められず、それが束縛になります。

4.過去に浮気されたり裏切られたことがある

過去の体験はその人の物の見方に影響を与えます。過去に浮気されたなど裏切られたことがある人は、恋人が電話に出ないだけで浮気を疑ってしまったり、たとえその理由が仕事だったと相手が言っても、その言葉を素直に受け取ることができません。

過去にあった事実と、“電話に出ない=浮気”という想像でしかない今が勝手にリンクしてしまい、束縛することによって浮気の可能性をなくそうとしているのです。

過去の相手と今の相手は違うのに…。

5.浮気願望がある

最後は1.~4.とは違った心理となりますが、束縛しないと相手が浮気などをしてしまうという不安の裏には、“自分の浮気願望”が隠れている場合があります。

「私なら浮気するかもしれない」という気持ちがあるので、相手にもその気持ちがあると思い込んでしまっているのです。

この心の働きを「投影」と言います。自分がそう思っているので、相手もそう思うに違いないという、相手に自分の気持ちを投影している状態です。

「私なら浮気してしまう」という気持ちからくる不安をなくそうとして束縛してしまいます。

束縛をしてしまう人の特徴5選

では、束縛をしてしまいやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか。恋人関係になる前に相手の行動を確認したり、また、自分自身について「この行動は束縛?」と疑っている方もこちらでチェックしてみてください。

1.相手のスケジュールを把握したがる

自分と会う日以外のスケジュールも把握したがる人は、恋人に束縛をしてしまう可能性が高いです。

この行動は相手を自分の思い通りにコントロールしたいという気持ちと、知らないことをなくすことで不安を解消しようとする気持ちが隠れています。

もし伝えていた別のスケジュールが入り、連絡が取れない時間があったとしたら、激しい怒りをぶつけられる可能性もあります。

2.相手のSNSチェックが止められない

こちらも相手の知らないところをなくしたいという気持ちからの行動です。自分以外の誰と交流があるのかをチェックして、不安要素をなくそうとしているのです。

また、心理の「5.浮気願望がある」で紹介した「投影」がある人も相手のSNSチェックが止められません。

この行動をしてしまう人は、自分がもしSNSを常にチェックされていたらどう思うかと、相手の立場になってみることが大切です。

3.頻繁に連絡を取らないと安心できない

過去に浮気をされたなど恋愛に対するトラウマを持っている人がよく起こしがちなのが、頻繁に連絡を取るという行動です。

過去の出来事とリンクさせてしまったことで起こる不安になった気持ちを拭い去ろうと、自分の知らない時間をなくそうとしているのです。

4.悪いほうに考えるクセがある

元々物事を悪いほうに考えてしまうクセがある人も、恋愛では束縛する傾向が高いです。その理由には、3.のような過去の恋愛でのトラウマがある、そして心理の「1.自信がない」などの気持ちが隠されています。

一度悪い方向に考えてしまったものは、相手に何度も確認することでその不安を解消しようとします。その行動が相手を縛る行為になってしまっています。

5. 1人でいることが苦手

1人の時間を楽しめないタイプも束縛傾向にあります。極度の寂しがり屋もこのタイプです。一緒にいることを希望し続けて、それが束縛につながっていきます。

恋人に関わらず、誰かといること、つながっていることで安心感を得ようとする背景には、心理の「2.独占欲が強い」の中でも紹介した、自分の価値を相手に求めてしまっています。

こちらのタイプは依存傾向が強い可能性もあるので、この特徴がある人とのお付き合いは慎重に決めるほうがいいでしょう。

縛ることで得る安心感の継続時間は短い。

束縛してしまう自分、束縛してくる相手への適切な対処法4つ

束縛してしまう心理、束縛してしまう人の特徴がわかったところで、束縛してしまっている方と束縛してくる相手への対処方法を解説していきます。

1.不安を感じているものを確認し合う

束縛は、その恋愛に不安を抱えているというサインです。自分が束縛してしまう場合も相手から束縛を受けてしまっている場合も、不安を解消するためにはその不安を感じているものについて話し合う必要があります。

例えば相手が連絡などの折り返しが遅い場合には、束縛してしまう人は相手に「返信が遅いから、その時間に浮気をしているのかもしれないと不安になる」と素直に伝えてみましょう。

同様の内容で相手から束縛されている場合は、返信が遅くなる理由について真実を伝えて、相手の不安をなくしてあげてください。

束縛してしまう自分の行動、または相手の行動を振り返ってみると不安を作っているものが見えてきます。

束縛は決して幸せなものではないですが、それでも相手と一緒にいたい場合は不安を解消する努力が必要です。

2.しっかりと愛情を伝える

束縛をなくす方法の1つとして愛情を伝えることが有効です。

「もしかしたら浮気しているのかもしれない…」という“もしかして”を取り除くに、しっかりと愛情を伝えましょう。

束縛をしてしまう方は相手にしっかりと愛情を伝えているでしょうか?縛ることばかりを優先して、愛情を伝えていない可能性はありませんか?

恋愛には「好意の返報性」という法則があります。これは愛情を伝えられた相手には自分も愛情を伝えようとする行動のこと。これはすべての対人関係に有効で、好意を示してくれた相手には相手側も好意を示しやすくなります。

恋人関係であれば、愛情を伝えることで相手も愛情を持ってくれます。また、ちゃんと言葉にすることで不安をなくすことができます。

行動だけで愛情が伝わることもありますが、すべての人が行動だけで愛情を感じるわけではありません。しっかりと言葉で伝えているか、一度自身を振り返ってみてください。

愛情表現の伝わり方はみんな同じではない。

3.嫌だと思うことはハッキリと伝える

縛るという行動は愛情の裏返しです。それゆえに束縛をしている側は相手が嫌という思いを持っていることを想像できずにいる場合があります。また、されている側も嫌だという思いを伝えることで相手を傷つけてしまうのではないだろうかという不安があります。

お互いに快と思うものと不快に思うものの境界線は違います。これをすり寄せていないと恋愛は長続きしません。嫌なことは相手にハッキリと伝えるべきなのです。それによって気づくことがたくさんあります。

もし束縛が嫌だと思うことを相手に伝えた、または伝えられたことで別れがくるのであれば、それだけの関係だったということ。嫌な気持ちを持ち続けてまで続ける必要はありません。

4.それでも我慢できないなら…、距離を置く、別れる

最後に、1.~3.のことを試しても改善されないのであれば、一度離れてみることをおすすめします。完全に別れてしまうのが嫌であれば、期間を区切って距離を置いてみてください。

束縛はしている側もされている側も苦しさを伴います。3.でもお伝えしましたが、嫌だと思うことをお互いが伝え合い、なくす努力をしないと恋愛は長続きしません。

束縛をしてしまう人は、「なぜこんな行動をしてしまったのか」「なぜ相手はわかってくれないのか」という束縛について“なぜ”を考えてみる一人の時間作ってください。

束縛をされていて苦しい人は、その相手と楽しい未来を想像できるか、一人の時間で考えてみてください。

☆☆☆

束縛は、自分の中にある不安を解消するために相手の自由を奪う行為です。不安は好きという気持ちの裏側からくるものなので、恋愛相手でしか解消できません。してしまう人もされていて辛い人も一度話し合いの機会を持ち、相手の不安に向き合ってみてください。