恋愛&結婚 婚活はおろか恋愛する気も起きないアラサー女性、その原因を辿ってみると…?

「母親に2年前に婚活を勧められました。でもうまくいかなかったんです。今は婚活を休んでいます」

そう語るのは健康食品の開発会社に勤務する穂乃果さん(仮名・31歳)。

2年前に母親に懇願されて、母親が勧めてきた結婚相談所に登録。お見合いをしたものの「条件付きでパートナーを探すのは相手にも失礼だし、私も好きじゃない」と感じて、すぐに退会したそうです。

「でも本当の理由は、別にありました。母はそのことを知って、私を気遣ってくれたんだと思います」

その理由とは一体何だったのでしょう。

東京近郊に住む穂乃果さんの家族は商社マンの父と専業主婦の母、そして2歳年下の弟の4人。父親は国内外に出張が多く、ほとんど家にはおらず、「まるで母子家庭のようだった」と穂乃果さん。家族旅行をしたのも片手で数えるほどだったそうです。

「父が40代後半になると出張の機会がぐんと減って、顔を合わせる機会も増えました。ところがその頃、父が5年前から30代の社内の女性と浮気をしていたことが母親にバレたんです」

父親の前ではっきりものを言えない母親は、実の姉など親族に相談していました。当時高校生だった穂乃果さんが帰宅すると、自宅にやってきた親族たちと母親のひそひそ話がピタッと止まり、家の中はどんよりと暗かったといいます。

「とうとう母親は父親の上司に手紙を書いて、不倫をやめさせてとお願いしたようです。その後、相手の女性が退職したので、父の浮気は終わったと思っていたんですけど…」

ところが1年も経たないうちに、再びその女性と浮気していたことがわかり、穂乃果さんの母は半狂乱になったそうです。

「弟が全寮制の高校に入学したため、家には両親と私の3人だけ。平然と浮気する父に感情を押し殺す母。信頼関係がずたずたに壊れてしまった家族と暮らす日々は、大学受験を控えた私には地獄のようでした」

ある夜、穂乃果さんは入浴中の父親のガラケーを覗きました。相手の女性との発信記録が一日に5件以上も。またショートメッセージにハートなどの絵文字が混じり、穂乃果さんはおもわずガラケーを床に叩きつけたくなるような怒りを感じたと言います。

「脱衣所で体にバスタオルを巻いた父親に、震えながらガラケーを差し出しました。『この女性は誰?』と聞くと、父親は『仕事先の人』と平然と答えたので、父親の狡さにさらに怒りを覚えた私は、『私が援交してもパパは何も言えないよね。清廉潔白な父親じゃないしね』と言ったんです」

1 2