恋愛&結婚 夫の浮気で離婚。尊敬していた既婚者の元上司から突然誘われもやもや

2万人以上のワーキングウーマンを取材してきたコラムニストの夏目かをるさんが、アラサー女性の恋愛・婚活にまつわるリアルストーリーをご紹介します。

★★★

クリエータープロデュース会社の恵美さん(仮名・32歳)は、夫の度重なる浮気とすれ違いが原因で離婚。

「元夫とは、4年前に知り合って勢いですぐ同棲しました。同い年で代理店勤務の彼は帰宅時間が遅く、私も不動産営業から転職したばかりなので、ラブラブ同棲というよりデートの時間が省けるという感じでした」

双方の両親が「そろそろ結婚したら」と催促したので、2年後に結婚。でも生活は変わらなかったそうです。結婚1年目に、恵美さんは夫の秘密を知ってしまいます。

「残業で遅くなって帰宅したら、夫がパソコンの電源を切らずに入浴していたんです。ロックがかかっていたパソコンを解除したら、画面に出会い系サイトが。夫が女性とやり取りをしていたチャットを見つけてしまって……しかも複数の女性たちと。びっくりしました」

出会い系のアプリをスマホではなく、わざわざパソコンで…。恵美さんは夫がバレても構わないと思っているのではないかという疑惑を抱きます。おそるおそる夫に「これ、なに?」と問い詰めると、「なんだろうね」としらじらしく答えたとか。

「夫のことが信じられなくなって、夢中で荷造りをして、実家に戻りました」

恵美さんの両親も「困ったね」と困惑しましたが、一人娘の恵美さんを快く迎えてくれました。「実家は居心地がいいなあ」と感じると、このまま夫がいる家に戻らないかもしれないと思ったそうです。
翌日夫からLINEに連絡があったものの、忙しいことを幸いにスルーした恵美さん。そののち夫から連絡がなかったので、さらに諦めムードが漂ってきました。

ところが一週間ほど経った休日に、夫が夫の両親と一緒に謝罪にきたそうです。恵美さんの両親の前でも「二度と過ちを犯さない」と謝罪した夫。でも心のどこかでくすぶっています。「このまま許して戻ってもいいの?」という疑問が残ったため、夫と夫の両親が帰ってから、恵美さんは思い切って、会社の元上司にLINEで相談したのです。

転職して今の会社で働き始めた頃から恵美さんを指導した37歳の元上司は、支社に異動したばかり。お疲れ様会の時にLINE交換をしたそうです。アメリカで3年ほど勤務した元上司は優しくて、気の利いたジョークを連発して場を和ませてくれるムードメーカー。淡い恋心を抱いていた恵美さんは、元上司とLINE交換するうちに「頼りになる」と信頼していったそうです。

「元上司にLINEを送ると、しばらく経ってから返信がありました。プライベートなことを相談するのは初めてだったから、困ったかもしれません」

元上司は「夫からの連絡を待ってみたら」という簡単な返信。でも恵美さんは納得したそうです。

「私は無言をつき通しました。すると一週間ぐらい経ってから、帰宅しようとした私を会社の近くで夫が待っていたのです。カフェに移動して、夫から謝罪と共に『君はこうしたらもっといいよ。僕がサポートするから』と提案され、『僕と一緒だともっと君はよくなる』と説得されたんです」

振り返ると、代理店で磨いたプレゼンテーションのようだったが、当時の恵美さんは素直に感激して、彼のところに戻ったそうです。

「元上司にも連絡しました。すると『これからだね』と意味深なLINE。いつものジョークで笑い飛ばしてくれなかったので、あれ?と首をかしげました」

1 2