恋愛&結婚 どこからが「浮気」なの?境界線の例と、揉めないための対処法【恋愛講座】

「浮気は許さない、絶対に!」多くの人はそう思うでしょう。それでは果たして「浮気」の境界線はすべての人共通なのでしょうか?また、どこまでが「浮気」で、どこからが「本気」なのでしょう。その基準が両者で違っていれば、いくら「浮気しない」と約束をしても無意味ですよね。

今回は、浮気の境界線について考えてみましょう。また、浮気で揉めないための対処法もアドバイスします。

「どこからが浮気?」の基準は人それぞれ。

浮気の基準は人それぞれ

実は浮気の基準は人それぞれ。心が大事と考える人もいれば、肉体関係があればアウトと考える人も。例えば海外に目を向けると、キスやハグなどのスキンシップを、初対面同士でも平気でする国もあります。一方で、別の人のことを心の中で思うだけでも浮気とする宗教もあるようです。パーソナルスペースの感覚も、国籍や年齢、性別や家庭環境によっても大きく異なってくるものですよね。

だからこそ、2人の間で浮気の境界線を確認する事は大切なこと。ちゃんとしておかないと、後々もめる原因になってしまいますよ!

どこからが「浮気」?こんなにも違う「浮気の境界線」例

それでは、どこからが浮気なのか、それぞれが思う浮気の境界線の例について考えていきましょう。

心が動いたら

例えば、好きな俳優やアイドルを見て、心がときめいたり、話をしている妄想をしたり…。そんなことだけで浮気と考えてアウトと思う人もいます。こういうタイプの人は、恋人がいるのに他の人に想いを寄せること自体が浮ついていると考えます。そんな人は、恋人が自分以外の異性と親しく話していたり、異性の後輩に優しくしていたりするだけでもNGです。

一方で、心が動いたらNGと考える人の中には、好きな気持ちになったかどうかが大事なので、逆に好きでもない人との肉体関係は浮気と考えない人もいるとか。

2人きりで会ったら

異性と2人きりで会うと、これは浮気だと考える人は結構多くいるかもしれません。ドラマでも、2人きりで遊びに行けば、たとえ2人の間に何もなかったとしても、恋人からいらぬ誤解をかけられてしまうシーンってよくありますよね。2人きりで遊びに行くこと自体、デートと考える人が多いので、そういった見方になるのかもしれません。中には仕事でも異性と2人きりならNGという人も。

そんな人は、男女が一緒に何か目標に向かってやり遂げたり、楽しい体験をしたりすること自体が、恋のきっかけになることもあると知っているのでしょう。恋の始まりは案外些細なことなので、こう考える人がいても決しておかしくはありません。

キスをしたら

キスをしたら浮気と考える人は案外多いのでは?もちろん外国人の中には、挨拶がわりにキスをする人もいるので、これだけで浮気と考えない人もいるのかもしれませんが、日本人同士では挨拶がわりにキスをするということは、そう多くありません。なんと言っても、キスは肉体関係を持つための最初のアプローチ。だからこそ、キスをしてしまったらその後まで連想して、浮気と考えることもおかしくないでしょう。

それでなくてもコロナ禍の今、恋人以外とのキスは危険を伴います。それでもキスしてしまうのは感情の高ぶりを抑えられなかったと捉えられて、浮気と認定されることは多いのかもしれませんね。

体の関係を持ったら

肉体関係を持ってしまえば、これは浮気と思う人は多いはず。それどころか、本気だと考えてしまう人がいても不思議ではありません。肉体関係を持ってしまえば、やはりその先に妊娠ということもあり得るので、そのような行為をし合える相手は、それだけ仲良い関係にあると考えるのは妥当でしょう。ですが、中には風俗店での肉体関係ならOKと考える人もいるようです。風俗店はお互いに割り切った関係という意見も。どちらにせよ、肉体関係を結ぶことは問題。即別れるという女性も多いことでしょう。

許していい「浮気」って?

それでは、許していい浮気とはどんなことでしょう。それはズバリ彼に浮気心がない場合です。

浮気の境界線は人によって様々だということを説明しましたが、もちろん彼の中の基準も、あなたの基準と全く同じというわけではないでしょう。浮気したつもりがないのに、咎められたとしても彼としては納得がいきません。彼は何も変わることなくあなたのことが好きなままなのに、あなたの浮気の基準に引っかかったというだけで怒られては、反省どころか理不尽に思うだけでしょう。冷静に考えれば、あなたと彼の関係に何の亀裂も入っていません。なのに、わざわざことを荒立てて、あなたが自分から亀裂を生む必要はないのです。

許してはいけない「浮気」

一方で許してはいけない浮気も存在します。それは彼も浮気と自覚している場合です。これはれっきとした裏切り行為です。そんな浮気を放って置くと、彼はあなたのことを「何をしても文句を言わない人」と考えて、どんどんエスカレートするでしょう。そのうち、あなたの目の前で隠すこともせず堂々と浮気相手のことを話すようになるかも。そうなればもうすっかり罪悪感なしに浮気をする男の出来上がりです。そのうち浮気が本気になってしまうかもしれませんよ。

浮気で揉めないための対処法

浮気で彼と揉めたくないと思ったらどうすればいいでしょう。これはもう2人でじっくり話し合うしかありません。2人の間で浮気と判定されるボーダーラインがどこなのかを決めるのです。

境界線が見つかれば、それを意識して超えないようにすればOK。例えば、彼が異性と2人きりで遊びに行くことは浮気でないと思っていても、あなたが浮気だと考えていることがわかれば、彼はそれを控えて、みんなでワイワイ楽しむことに変更するかもしれません。このように、お互いのボーダーラインがわかれば、浮気を回避する方法がたくさんありそうですね。

境界線を決めても、守ってくれない、あなたが嫌だと思っていることを平気でするような男性は、その程度の関係だということでしょう。

浮気されない女性になるために心がけたいこと5つ

彼の浮気を本気で防ごうと思ったら、浮気されない女性になることも大切です。それでは、どうすればそんな女性になれるのでしょう。具体的に見ていきます。

彼に浮気させないように、普段から意識できることとは?

1.常に愛情表現をする

人は誰でも自分が愛され、頼りにされていると思ったら、そんな相手を裏切りたくないと思いますし、相手をもっと幸せにしたいと思います。そのため、彼のことを愛していたら、常に愛情表現を行うようにしましょう。ずっとそう言い続けていると、いざ彼が別の誰かと浮気をしようとしても、すんでのところであなたの顔を思い出して思い留まってくれるかもしれません。

2.連絡はマメにする

連絡をマメにするカップルは、浮気とはほぼ無縁です。常に連絡をしあっていたら、相手が今何をしているのかは大体わかるもの。そうなれば、なかなか浮気するチャンスもないですよね。浮気してもすぐに見つかってしまうのなら、浮気なんてしたくないと思わせる効果もあります。連絡を頻繁にとっているカップルは隠しごとも少なく、心が安定しやすいというメリットもあります。

3.依存しない、重くならない

彼があなたとの恋愛をしんどいと感じる時も、浮気に走りやすくなってしまいます。男性が恋愛をしんどいと感じる多くの場合は癒されない時。女性からの精神的束縛やデート代などの金銭負担などが大きければ、なかなか癒されることはないでしょう。それを避けるためには彼に依存しないこと。あなたが精神的にも金銭的にも自立していれば、恋愛もピュアに楽しめますよね。

4.外見に気を遣う

自分の彼女がオシャレに無頓着だとどうでしょう?彼としては、連れて歩きたくなる新しい彼女を探したくなってしまうかも。そうなれば、浮気の可能性も一気に高まります。恋愛には外見も重要な要素。お互いに外見を気にしなくなれば、2人の関係も緊張感がないものとなり、マンネリ化してしまいます。そんな時こそ浮気の芽が出てくるものです。

5.彼の一番の理解者になる

彼を浮気させないためには、無理矢理縛ったり監視したりしても逆効果。それより彼をあなたに夢中にさせることのほうが大切です。それには彼の一番の理解者になること。彼だって自分を一番理解してくれる人は失いたくないもの。そして、そんな絶対的信頼があればなんでも包み隠さず話してくれるはず。浮気する隙間はありませんよね。

☆☆☆

浮気の境界線は人それぞれです。だからこそ、彼との会話は大事。「一般的にはこんなもの」と考えることはやめて、ひとつひとつ彼と話し合って2人だけのルールを作っていきましょう。

【関連記事】
もしかして私って「都合のいい女」?特徴と見分け方、やめる方法を徹底解説