恋愛&結婚 深入りする前に見極めて!メンヘラ男の特徴と好かれやすい女性のタイプ、別れ方のポイント【恋愛講座】

恋愛は素敵なことですが、時にややこしい相手と当たってしまうこともあるので要注意です。特にメンヘラ男のような人に引っかかってしまうと、後が大変に…。

ここではそんな男性に引っかからないように、メンヘラ男の特徴を挙げていきます。そして、メンヘラ男に好かれやすい女性のタイプ、メンヘラ男との別れ方のポイントもあげるので、ぜひ参考にしてみてください。

私の彼って、もしかして…。

そもそも「メンヘラ」って、どんな意味

そもそも「メンヘラ」とはどういう意味でしょう。「メンヘラ」とは、気分が不安定な人、闇を抱えた人などネガティブな意味で語られることが多いです。

そんな「メンヘラ」な人は、恋愛においても健全なお付き合いをするのが難しいことも…。相手を精神的に縛ってしまったり、暴力で言うことを聞かせようとしてしまったりという行為に走ることもあります。健全な恋愛をすることはとても難しいでしょう。

メンヘラ男の特徴7つ

それでは、具体的にメンヘラ男の特徴を見ていきましょう。

1.感情の起伏が激しい

メンヘラ男は感情の起伏が激しいという特徴があります。さっきまで笑っていたかと思えば、いきなり怒り出すなど、全く予測できないところがあるでしょう。

人間は大人になると、ある程度心の中に感情をためることを覚えます。感じたままをすぐ表に出すのは子供と同じ。子供のように奔放に感情を垂れ流していれば、周りはその感情に振り回されてしまいます。いきなり怒鳴ったり怒ったりするメンヘラ男が近くにいれば、みんな彼の顔色をうかがって行動してしまうでしょう。彼のご機嫌うかがいをするような恋愛は楽しくはならないですよね。

2.嫉妬・束縛する

メンヘラ男はすぐ嫉妬したり、束縛したりします。メンヘラ男にとって、恋人は自分の所有物のようなもの。恋人を自分とは別の人格と見ることはないので、ようやく手に入れた彼女が、他の人と楽しく話したり、自由に振る舞ったりしているだけで気分が悪くなるのです。恋人同士は、程度の差こそあれ、何かと嫉妬したり束縛しあったりする関係にありますが、メンヘラ男はその程度が甚だしく、感情の高ぶりに任せて行動してしまうでしょう。

3.自分の思い通りにならないと不機嫌

メンヘラ男は、自分の思い通りにならないと、すぐ不機嫌になる特徴があります。デートをしていても、ちょっとレストランで待たせられたり、事故で電車が遅れたりということは、よくあるもの。そんなちょっとしたことでも、メンヘラ男はすごく不機嫌になるでしょう。時には、レストランのスタッフなど、見知らぬ他人に平気で暴言を吐いてしまいます。そして、それは恋人に対しても同じ。恋人であっても、自分の思い描いた通りに振る舞わなければ、とたんに不機嫌になるでしょう。

そのような人と一緒にいても、あなたストレスでいっぱいになるだけで、幸せは感じられないでしょう。

4.自己肯定感が低い

メンヘラ男の中には、自分に自信のないという人も少なくありません。だから、彼女ができても、いつか彼女はもっと素敵な男性を見つけて自分のもとからいなくなってしまうのではないか…と不安を抱えてしまいます。失いたくないと思えば思うほど不安は大きくなり、それが結果的に彼女を束縛する行動に結びつくのです。

ある意味では、メンヘラ男にとって強い束縛や嫉妬は愛の証。愛しているが故の行動として束縛や嫉妬を正当化してしまいます。そのため、メンヘラ男はあなたのことを束縛しても、悪いことをしているという気持ちはまったくないのです。

5.かまってちゃん

先に説明した通り、メンヘラ男は自分に自信がないので、いつ彼女が自分のもとを去っていくか不安でいっぱい。そのため、メンヘラ男は根っからの“かまってちゃん”。彼女がかまってくれている間は、常に彼女の興味は自分にあると考えるからです。

メンヘラ男の“かまってちゃん度”はかなり激しく、毎日のように電話することを求めたり、1日に何度も会うことを求めたりします。断ったりすれば、とたんに機嫌が悪くなるので無下には扱えません。そうなれば、彼といても疲弊してしまい、辛くなってしまうかも…。楽しい恋愛からは程遠くなってしまいそうですね。

6.マイナス思考

メンヘラ男は、マイナス思考の持ち主でもあります。もしプラス思考の人なら、彼女がたとえ他の異性と遊びに行ったり遊んだりしていても、良いようにしか考えないのでトラブルになりません。一方、マイナス思考のメンヘラ男は、何でも悪く考えます。それこそ、彼女が他の異性と遊びに行こうものなら、たとえただの友達だったとしても、「付き合っているのではないか」など悪い方に妄想するでしょう。それが誤解だとしても、そう思い込んでいる彼に誤解を解くのは一苦労。なかなか信頼関係を結べないでしょう。

7.ちょっとしたことで傷つき、攻撃的になる

メンヘラ男は、ちょっとしたことで傷つき、攻撃的になりやすいところがあります。メンヘラ男はマイナス思考なので、悪い方へと拡大解釈したり妄想を広げたりしてしまいがち。一度傷つけられれば、ずっとそのことを覚えていて、ことある毎に相手を攻撃します。それは彼女に対しても同じ。自分がやったことは忘れても、やられたことはネチネチと覚えているのがメンヘラ男の特徴です。

メンヘラ男に好かれやすい女性のタイプ4つ

メンヘラ男に好かれやすい女性のタイプを挙げていきます。自分に当てはまるところがないか、チェックしてみてくださいね。

1.他人に流されやすい

メンヘラ男が好きな女性のタイプは、他人に流されやすい人です。メンヘラ男は自分の思い通りにならないと、気がすまないタイプなので、意志の強い女性は苦手。その点、他人に流されやすい女性なら、強く自分を主張してくることもなく、メンヘラ男にとっても好都合。自分色に染めることもできると考え、あれこれと干渉してくるかもしれません。

そもそもメンヘラ男は、メンヘラゆえにモテるタイプの男性ではありません。そのため、一度手に入れた自分に同調してくれる彼女は貴重な存在。なかなか手放すことはありません。

2.恋愛体質

恋愛体質の女性も、メンヘラ男と非常に相性がいいでしょう。何しろメンヘラ男は“かまってちゃん”。そして、恋愛体質の女性は、誰かを好きになれば、いつもその人のことで頭がいっぱいになってしまいます。つまり、お互いの相性はバッチリです。

また、恋愛体質の女性は束縛されたり、嫉妬されたりすることに、あまり抵抗がありません。それどころか、彼が干渉してくることに対して情熱的な愛を感じてしまうかも。その点においても、メンヘラ男と恋愛体質の女性は、互いに惹かれやすい相性といえるでしょう。

3.自分に自信がない

自分に自信がない女性も、メンヘラ男が寄ってきやすいでしょう。メンヘラ男も自分に自信がないので、自信がない者同士で付き合うのは何かと安心感があります。

また、メンヘラ男は自分の意のままに相手を操りたいと思っているので、自信のない女性は好都合な相手。強く言えば、すぐ自分の思い通りになってくれるので、居心地がいい関係となるでしょう。

4.面倒見が良い

面倒見の良い女性で、メンヘラ男と付き合っているという人も多くいます。ほとんどの女性は、メンヘラ男のようなリスキーな人とは、さっさと別れてしまうものです。しかし、面倒見の良い女性の中には、ダメな男性ほど放っておくことができず、付き合ってしまうという人も…。メンヘラ男は自分に自信がない人も多いため、自分のダメなところを見ても見捨てない女性が現れたら、しがみついてしまうでしょう。そして、面倒見の良い女性は広い心の持ち主。メンヘラ男が怒ったり切れたりしても、簡単に許してしまうのです。

メンヘラ男との別れ方のヒント3つ

メンヘラ男は、一歩間違えると危険な相手。そんなメンヘラ男と別れようと決心した場合、どんなことに注意すればいいでしょう?メンヘラ男と別れるためのヒントをアドバイスします。

メンヘラ男と別れる際に気をつけたいこととは?

1.「別れたい」意思をはっきり伝える

メンヘラ男と別れようと決めたら、別れたい意思をはっきりと伝えなくてはなりません。ここで煮え切らない態度をとってしまうのはNGです。そんな態度を相手が感じたら、隙をついてあなたに発言を撤回させようとするでしょう。時には怒ったり怒鳴ったりするかもしれません。そこであなたの意志が揺らげば、彼にとってはチャンス!よりを戻してしまったら、その後やっぱり別れたいと思っても、再び相手に強く押し切られてしまうでしょう。

2.別れる理由を自分のせいにする

彼に別れを告げるときは、たとえメンヘラ男が原因でも、自分が原因であることにしましょう。どんな人でも、「あなたのせいで別れる」と言われたら傷つきます。ましてや、メンヘラ男は束縛が強い特徴があるので、「あなたのメンヘラなところが嫌で別れたい」なんて言えば、逆上して手放してくれなくなるかもしれません。そうなれば、大事に発展してしまうことも…。

後腐れのない別れ方をするためには、彼に何か言いたい気持ちがあっても、ぐっと我慢して、あくまで非は自分にあるという態度で臨みましょう。

3.別れ話をするときは、二人っきりの場所を選ばない

別れ話をするとき、二人っきりの場所を選ばないようにしましょう。メンヘラ男は逆上すると何をするかわかりません。寝耳に水の別れ話で感情が爆発して、あなたに危害を加える危険性も。別れ話をするときは、必ず人目のあるところでするようにしましょう。

☆☆☆

メンヘラ男と付き合い続けても、あなたが疲弊してしまう可能性が高いです。一時の感情に振り回されるのではなく、いろんな人と出会って恋愛を楽しんでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
「好きだけど別れる方がいい彼氏」の特徴は?後悔しない決断をするために