恋愛&結婚 もしかして“いい感じ”?アラフォー女子は13歳年下の男性と恋愛関係になれるのか!?【後編】

約3年前に離婚をしたミサトさん(36歳/仮名)は、童顔で親しみやすい雰囲気の女性。1年ほど前に、都内の新しい会社に転職し、13歳年下の韓流アイドル風イケメンのBくん(23歳)に出会います。若いけれど優秀なBくんは、ミサトさんに親切に仕事を教えてくれます。「Bくんにとって、私は恋愛対象外だろう」と思っていたミサトさんですが、どうやらそうではないようで…?
詳しくは前編へ

さらに仲良くなるふたり

徐々に距離が接近してきたミサトさんとBくん。それは会社の飲み会でも顕著に現れます。

「コロナ禍前だったので、会社の忘年会もありました。初めはBくんと席が離れてしまったので、残念だな〜と思っていたんです」

しかし、飲み会が始まってしばらくすると、ほろ酔いのBくんがミサトさんの隣に移動してきます。

「Bくんは、『何飲んでるんですか〜?』って隣に来てくれました。それから、飲み物をひと口交換したり…。バツイチのアラフォーのくせに、こんなことでキュンキュンして、笑っちゃいますよね」

ミサトさんには、そんな学生の頃のような初々しいやり取りが、とても楽しかったのだそう。

転機に見舞われる

そんな楽しい日々を過ごしていたミサトさん。出会ってから1年ほどになるBくんとの穏やかな関係には、あえて白黒つけたくなかったのだそう。

「このままの曖昧で楽しい関係がずっと続けばいいなと思っていました。Bくんとの日々は癒しでしかなかったです」

しかし、そんな日々は、終わりを告げることになってしまいます。なんと、Bくんの異動が決定。ひと月後にはBくんは他の部署に行ってしまうことに。

「Bくんは優秀なので、さらに重要なポジションへの異動でした。でも、そうすると職場のビルも別になってしまい、今までみたいに一緒には働けなくなるんです」

異動の準備で忙しくなったBくんとは、一緒にいる時間がほとんどなくなってしまいました。そこで、ミサトさんは、ある決断をします。

「もう、会えなくなるなら、一歩踏み出してみようかなと思いました。BくんにLINEで、『異動する前に、お疲れ様会しなきゃね。ご飯ご馳走させてください』と送りました」

するとすぐに『俺に奢らせてください!美味しい所、探しておきます』と返事が。ミサトさんは、それとなくデートに誘うことに成功します。

飲み会では隙を見て隣にきてくれたBくんにキュン!
1 2