恋愛&結婚 最近、彼氏が冷たい…考えられる理由と対処法【恋愛講座】

交際順調だと思っていた彼氏に冷たい態度を取られたら、悲しくなってしまいますよね。そんな時こそ対処を間違えると大変なことになってしまいます。何とかつながっている糸がプツンと切れてしまい、最悪の場合、お別れという事態を招いてしまうことも…。そうならないためにも初動が大切です。

ここでは、彼氏が冷たい理由と対処法についてアドバイスします。

ただ「冷たくなった理由」を問い詰めればいいということではありません。

「彼氏が冷たい」と思うようになった理由5つ

まず、多くの人が彼氏が冷たいと感じる理由を具体的に見ていきましょう。「最近冷たい気がするけれど、気のせいかな…」と悩んでいる人は、チェックしてみてください。当てはまる項目があったら、やはりあなたの彼氏は、冷たいのかもしれません。

1.LINEの返信がそっけない

恋愛のはじめの頃は、LINEの返信も丁寧に書いて返ってきたのに最近はそっけないとなれば、彼が冷たいと感じてしまうこともあるでしょう。こんなことをされたら、あなたは「もう私のこと嫌いになったのかも?」と心配になるかもしれません。

しかし、本当に嫌いなら返信を戻さないかもしれません。既読スルーすることも、既読をつけないでほっとくこともできるからです。本当はLINEが苦手だったという彼氏もいるでしょう。恋愛初期の頃にマメだったのは、あなたに気を遣っていたのかもしれません。「あなたが嫌い=LINEの返信がそっけない」ではないこともあるので、早合点しない方がいいでしょう。

2.いきなり敬語になった

今までタメ語だったのに、いきなり敬語になるなんて、とても他人行儀なこと。近寄りがたい気持ちになってしまいますよね。普通に考えて、何の理由もなく、カップルの会話がタメ語から敬語になるということはないでしょう。あなたが「彼、冷たくなった…」と感じるのも当然です。

ただし、わざわざ敬語にするというところに彼の意図が感じられます。「嫌い」「気に入らない」ということをズバリ言うのではなく、わざわざ敬語にして察してもらおうというところに、あなたに気づいてほしい何かがあるのかもしれませんね。

3.目を合わせてくれない

カップルなのに目を合わせてくれないなんて、どう対応していいのか戸惑ってしまいますよね。何も心当たりがないなら、彼の方にあなたと目を合わせたくない負い目があることも…。「目は口ほどに物を言う」というように、後ろめたいことをしたり、隠したりしていることがあると、目はそのことを物語ってしまいがち。そのため、目を合わせるのを避けてしまっていることも考えられます。

4.「仕事が忙しい」の一点張り

いつもはそんなことないのに、「仕事が忙しい」の一点張りだと避けられている気持ちになるのも仕方がありません。仕事にかこつけて、あなたのことを本当に避けているのかもしれませんが、本当に仕事が忙しくなることもあるものです。そのため、「仕事が忙しい」とデートを断られるからといって、あなたのことが嫌いになったとは言えないのです。まずは、彼の身辺から状況を探ってみる必要がありそうですね。

5.話しかけるとイライラしている

話しかけると、彼はいつもイライラしているという状況は、恋人としては辛いですよね。そんな態度は好きな人に対して、とるものではありません。彼を冷たいと感じてしまうのは当然です。

しかし、そのイライラの原因が仕事や友人関係などで、あなたには直接関係ないとなるとどうでしょう?諸問題が解決さえすれば、彼はイライラすることもなくなるかも。彼は「あなたに会わない」という選択もあるのに、それをしないということは、イライラの原因はあなたではないところにあるのかもしれませんよ。

彼氏が冷たくなった理由5つ

それでは、男性が冷たくなった理由として、どんなものが挙げられるでしょう?ここでは、考えられる可能性を挙げていきます。

冷たい態度の裏には、どんな理由があるのでしょう。

1.時間的・精神的な余裕がない

彼が冷たくなったからといって、あなたに原因があることばかりではありません。彼自身の問題として、時間的・精神的な余裕がないということも。人は自分に余裕がなくなると、他人に優しくする余裕もなくなります。あなたへのLINE返信など、タスクの一つとして片付けるだけで精一杯なのかもしれません。

特にずっと忙しさが続いていて、時間的にも精神的にも余裕がない状況が続けば、心は荒んでくるものです。そうすれば、追い詰められて身近な人に当たってしまうこともあるでしょう。彼の周りの状況が整わなければ、この状況はなかなか改善されないかもしれません。

2.恋愛以外に集中したい

彼が冷たくなった理由に、恋愛以外に集中したいものができたということもあるでしょう。恋愛初期の頃は、2人とも恋愛する気があって交際することになったのでしょうが、長く付き合ったり、自分の状況が変わったりすれば、考えも変わってきます。中には「留学したくなった」「もっと勉強や仕事に集中したくなった」という人もいるでしょう。そうなると、途端に彼女の存在が重いと感じてしまうことも…。

もちろん、そんな彼の気持ちを、あなたが知ってしまえば、彼を引き止めるためにすったもんだがあるかもしれません。彼もそれが怖くてなかなか言い出せないなんてことも。口に出して言えない思いが態度に出てしまって、冷たく見えるというのはあるのかもしれません。

3.嫌いではないけれど、あなたに飽きた

恋愛も長くなれば、それぞれで温度差が生じてくるものです。中には嫌いではないけれど、あなたに飽きたということもあるでしょう。付き合い始めの頃は何もかもが新鮮だとしても、時間が経てば2人の関係も日常的になってきます。そんな時に、あなたの何かが気に入らないわけではないけれど、他の女性に目が移ったり、他の女性と意気投合したりということもあるでしょう。あなたがずっと彼に愛情を持ち続けていたとしても、彼も同じとは限らないことを覚えておきましょう。

4.別れたい

あなたとの別れを考えていることもあり得ます。そんな人は、もうあなたから気持ちが離れているので、そっけない態度しか取りません。別れるつもりでいるのなら、あなたに気を遣って表面を取り繕うこともないでしょう。

ただ自分からは別れを言い出す勇気がないので、あなたの方から別れを告げてくれればいいのにと思っているのかもしれません。そんな気持ちの表れとして、わざと嫌われるように辛辣なことをいうこともあるでしょう。

5.本性が出てきた

冷たい態度をとる人の中には、元々が冷たい性格だったという人もいるでしょう。今まではあなたを手に入れるために、彼なりに努力していたのかもしれませんね。長い年月を経て、その本性が出てきたということも。メッキはいずれ剥がれてしまいます。優しい姿は仮の姿で、本当はもともと冷たい人だったのかもしれませんね。

どうすればいい…?彼氏が冷たいときの対処法3つ

彼氏が冷たい態度をとる時、あなたはどうすればいいのか、具体的な対処法をご紹介しましょう。

1.寂しい気持ちを素直に伝える

彼に冷たい態度をとられて寂しい思いをしているなら、その気持ちを彼に素直に伝えてしまった方が良いでしょう。中には、彼女の細かな心の機微に鈍感な男性もいます。そのような人には、口に出さなければ何も気がついてもらえないこともあるのです。

そうでなくても、今、彼にとって余裕のない状況だとしたら、尚更自分以外の人の気持ちには気づけないはず。あなたがそんな気持ちでいるということが伝われば、そして、あなたとの交際をこれからも続けたいと思っているならば、彼も何らかの対処をしないわけにはいかないでしょう。

2.問い詰めない

彼が冷たい態度をとってきたら、その理由を聞こうとする女性もいますが、多くの場合それは逆効果です。なぜなら、今にも2人の糸が切れそうになっていたとすれば、かろうじてつながっていた糸をあなたの手で断ち切りかねないからです。問い詰める行為は白黒つける行為でもあります。彼の周りの状況がよくないというタイミングに問い詰めるようなことをすれば、別れるという選択を彼はしてしまうかもしれません。

3.距離を置く

彼が冷たいと思う時は一旦距離を置くことを考えても良いでしょう。時間や距離を置くことで、状況がまた変化します。無理な行動をして今切れそうになっている2人の糸に負荷をかけるよりも、あえて距離を置くことで自然に元に戻ることに期待する方が良い場合もあります。たとえば、彼の仕事が本当に忙しい時には、この方法がおすすめです。

☆☆☆

「最近、彼氏が冷たい…」と思うときは、気のせいにするのではなく、しっかりと原因と向き合うことが大切です。その上で、行動するのか、行動しないで様子見をするのかを決めましょう。

【関連記事】
「好きだけど別れる方がいい彼氏」の特徴は?後悔しない決断をするために