恋愛&結婚 彼氏と別れたいと思ったら…見極めどきと未練を残さずに別れる方法【恋愛講座】

もう彼氏に気持ちはないけれど、「別れたい」と言い出せなくてダラダラと付き合ってしまっているってことありませんか?彼氏と別れる潮時はどうやって見極めたらいいのでしょう…。

ここでは、彼氏と別れたいと思った時の見極めどきと、未練を残さずに別れる方法をアドバイスします。

もう、別れちゃおっかな…。

女性が「彼氏と別れたい」と思ってしまう理由5つ

好きで付き合った彼なのに、別れたいと思うのは変なこと?いえいえ、意外とみんな同じような悩みを抱えているようです。

なぜ好きで付き合ったのに、別れたいと思うのか、理由を見ていきましょう。

1.浮気や暴力など、彼を嫌いになる決定的な出来事があった

多くの人は、決定的な出来事があったときに彼氏と別れたいと思うものです。例えば浮気された、暴力を振るわれたなんてことがあれば、好きだった彼とはいえ、一瞬で嫌いになりますよね。浮気や暴力などは、口げんかのような一過性のものではなく、長く続いていく可能性があるもの。そうなると、浮気性な彼や暴力的な彼と、このままずっと付き合っていていいのだろうかという疑問がわいてくるのも当然です。

将来的に不幸になってしまうような付き合いなら、早めに別れて新しい恋愛をした方がいいのでは…という気持ちになっても仕方ないですね。

2.ドキドキしなくなった

最初の頃は彼のどんなところでもドキドキしていたのに、今はすっかり普通になってしまった…。そんな時に、ふと別れを考えてしまうことってありますよね。恋愛は、最初は燃え上がっても、月日が経つと落ち着いてくるもの。本来はその頃には、愛は情に変わって、うまくやっていけるものです。

しかし、落ち着いたあとに冷静に彼を見てみると、色々と欠点が目立つようになったとなれば、これは問題。欠点のない人間はいないでしょうが、欠点ばかりが目立つようになってきたら、それは彼に愛情がなくなった証拠。あなた自身が彼の欠点を探しているのです。もしかすると、どこかで彼と別れる正当な理由を探しているのかもしれませんね。

3.他に好きな男性ができた

他に好きな男性ができたら、彼とは別れて新しい恋に飛び込みたいと思うのは当然です。恋人同士とはいえ、それぞれ別々の人間なので、気持ちに温度差が出るのはよくあること。多くの人たちは、別れや出会いを繰り返しているのも事実です。他に好きになった男性が今の彼氏よりもずっと強く惹かれる相手なら、今の彼と別れて彼と一緒になりたいと思うのは自然のことでしょう。

4.関係を良くするため、話し合いを続けても、何も変わらない

彼と別れたいと思うには、何らかの原因があるはずです。そして、その原因について彼と話し合っても、中にはどうしても変えられないこともあるでしょう。そうなれば、結局何らかの折り合いをつけるしかありません。あなたが諦めるか、彼が諦めるか、です。

あなたが納得できない場合は、当然お別れを意識することになってしまいます。もともと相性が悪かったのかもしれません。相性が悪い者同士は、いくら努力してもすれ違いが多くなってしまうので、別れて次の恋に行くことが正解かもしれませんね。

5.恋愛以外のことに集中したい

彼と別れたいと思った時は、何も彼に興味を失ったり、彼が嫌いになったりというばかりではありません。特に彼と決定的な何かがあったわけではないけれど、あなたの方に恋愛以外に興味が生まれたというケースもあることでしょう。恋愛で時間を費やしている場合ではないと思う人もいます。

物事を両立できない不器用なタイプの女性なら、1つの事だけを追いかけたいと思ってしまうかもしれませんね。彼のことを嫌いになったわけではないけれど、今は恋愛したくないと思うのは、おかしいことではありませんよ。

そろそろ潮時かも…別れを決意した方がいい5つのタイミング

本当に別れを決意した方がいいのはどんなタイミングか、具体的に挙げていきます。

1.会話がなくなった

会話がなくなったカップルが関係を修復するのはなかなか難しいかもしれません。そもそも会話がなくなった2人は、一緒の時間を過ごすのも難しいでしょう。ここまで冷え切ってしまった2人が、再び恋愛したばかりの頃を思い出してキュンキュンした気持ちになる可能性は極めて低いでしょう。別れて新しい人と付き合った方がお互いのためかもしれません。

2.浮気されても何も感じない

浮気されても何も感じなくなったら、もう男女の関係ではありません。一度そういう状況になってしまったら、彼を再び恋愛対象として見るのは難しいでしょう。浮気されて、悲しみを通り越して呆れたという感じなのかもしれませんが、これではもう赤の他人と何も変わりません。そんな中で関係が修復して、また恋愛が始まるなんてことは、可能性としてかなり低いと見ていいでしょう。

3.彼を見ると嫌悪感

彼を見ると嫌悪感を抱くようになったら…。嫌悪感を抱くということは生理的に受け付けないということです。体が拒否反応を示している以上、恋愛初期の頃のようなラブラブな関係になるのは無理でしょう。

4.将来のことを考えてくれない

将来のことを考えてくれない彼もいるでしょう。何度も将来の話をしているのに、それでもまったく応じてくれない彼は、あなたとの将来を考えていない、考えたくないのかもしれません。

何か理由があるのなら、そのことを彼女に伝えて「待ってほしい」というはず。しかし、そういうこともなく、のらりくらりとかわしているだけなら、これは待つだけ無駄なのかもしれません。少なくとも、あなたと彼が思い描いている将来の姿は違うはず。それならば、待ち続けるよりも次に進んだ方が色々な可能性を手にすることができるでしょう。

5.精神的・肉体的にダメージを受けている

精神的・肉体的にダメージを受ける恋愛は、良い恋愛とはいえないでしょう。そのダメージが彼のせいならば、彼の傍にいるだけで癒されるどころか悪化してしまうことにもなりかねません。そんな危険に自分の身を晒すぐらいなら、さっさと別れを決断した方がいいでしょう。

未練を残さずに別れる方法3つ

それでは、未練を残さずに彼と別れるにはどうすればいいでしょうか。スムーズに進めるためのアドバイスを紹介します。

不満を言いながら、ダラダラ付き合い続けるよりも…。

1.自分の気持ちを正直に伝える

まずは、自分の気持ちを正直に伝えることがいいでしょう。別れる時はお互い真剣勝負です。取り繕った別れの理由なんてすぐ見透かされてしまいますし、彼も納得しないでしょう。納得できないことには、結局未練が残ります。それならば、きちんとあなたの気持ちを伝えてお別れを言いましょう。その方が新しい恋愛に目を向けられますよ。

ただし、モラハラやDVを受けている場合は、家族や友人、専門機関に相談しながら進めることをおすすめします。

2.感謝を伝える

別れを告げる時は、彼とはもう最後の時。二度と会うことはない覚悟で臨みましょう。そして、その時は、感謝を伝えること。たとえ別れる決断をしたとしても、一度は好きになった彼のこと。2人の素敵な時間もあったことでしょう。2人の時間は無駄だったわけではありません。感謝を伝えて別れられたら、お互い気持ちよく別れられますね。

3.愚痴や不満で終わらせない

別れることになったのは愚痴や不満があるから。しかし、別れの時までそのことを引きずっているのは得策ではありません。終わりよければすべてよし。彼の幸せを願って別れましょう。

☆☆☆

出会いがあれば別れもあるものです。それは、多くの場合、ただ相性が悪かっただけのことにすぎません。彼との関係に疑問を感じてしまったら、その気持ちに蓋をせず、向き合ってみましょう。今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】
年上彼氏と付き合うメリットや注意点とは?長続きする方法も紹介