恋愛&結婚 36歳、はじめてのお見合い。1か月で結婚を決めた“大人の結婚観“

2万人以上のワーキングウーマンを取材してきたコラムニストの夏目かをるさんが、アラサー&アラフォー女性の恋愛・婚活にまつわるリアルストーリーをご紹介します。

★★★

35歳を過ぎてから結婚相談所に入会するのは遅いのではないか。そう危惧する30代女性は少なくありません。でも実際には「35歳を超えたから、これからは婚活のプロに任せてみよう」と考える女性も多くいます。

36歳で初めて結婚相談所の門戸を叩いた瑠璃さん(仮名)もその一人。「もう36歳ですが大丈夫でしょうか」と仲人にこわごわと聞き、キャリアアップのために結婚よりも仕事を優先してきたことを打ち明けました。仲人は「もちろん大丈夫です」と瑠璃さんに安心してもらってから、婚活を頑張ろうと決めた理由を尋ねたそうです。 

「東京の百貨店の中にある高級品の販売部門で働くために、2年前に西日本から上京して一人暮らしをしています。必死で働いているうちに、自分の家族が欲しくなったんです」。そう答えた瑠璃さん。

前職も別の会社で販売員として働いていましたが、社内恋愛の末に、相手の男性から振られたという苦い経験をしたそうです。振られたというより、同期の女性に略奪されたといっていいでしょう。瑠璃さんが悔しいやら悲しいやらで仕事が手に着かなくなってしまった時に、友人から「キャリアアップしてもっとプロフェッショナルな仕事をして、その女を見返してやりなさい!」と叱咤激励され、東京の百貨店の求人に応募。老舗の高級店に勤務が決まったそうです。

「一人暮しをしてみると、私は意外に家庭が好きなことに気づきました。キャリアアップして精神的に落ち着くようになると『一人より二人、そして家族』と結婚に対して前向きになってきたんです」

瑠璃さんのようにキャリアアップしてから結婚に前向きになったという女性は多いです。瑠璃さんは35歳を過ぎてもあまり結婚を焦らなかったことが幸いしたようです。

「地元の友達から、『男は若い女が好きだから、同年代の男性からのオファーは難しいんじゃないの?』と心配されました。でも私はあくまでも同年代にこだわりました。年の差カップルが話題になりましたけど、それは芸能人や著名人ならではのこと。一般のカップルは圧倒的に同年代が多いんじゃないかしら。価値観を共有しやすいですからね」

年が離れた男性が苦手ということもあって、瑠璃さんは、仲人に「同年代」を希望。仲人は「あなたの希望に叶うように進めましょう」と承諾したそうです。

1 2