恋愛&結婚 重い彼氏の特徴って?上手な対処法と後を引かない別れ方

過度なヤキモチを焼いたり、束縛をしたりと、彼氏が重くて悩んでいる女性は意外と多いもの。好きで付き合ったはずなのに、めんどくさい…と相手のことを思いながら付き合っていくなんて、時間がもったいないですね。そこで今回は重い彼氏になりやすい男性の特徴や、こんな行動が重い彼氏を作ってしまっている…という女性側の行動、そして対処法と後腐れのない別れ方ご紹介します。

「重い」と思ってしまう気持ちの正体は?

まず初めに、彼氏のことを「重い」と思ってしまう気持ちの正体を迫っていきます。

彼氏を重いと思ってしまった原因には、彼氏の束縛やヤキモチがあったりと様々な行動があると思いますが、それを愛情表現と受け取って嬉しいと思う女性もいるはず。しかし重いとしか受け取れないのには、2人の気持ちのバランスが崩れている可能性があるのです。

恋人だけでなく人間関係には「公平理論」が大切だと言われています。「公平理論」とは、どちらかの気持ちだけがプラスに傾いてもマイナスに傾いてもダメというもの。

恋愛でもどちらかの気持ちが一方的に強くなるとバランスが崩れていきます。男性側の愛情が強い場合には、女性側には最初は気持ちを返せていないという罪悪感が芽生えますが、やがて相手のことを軽んじてしまいます。彼のことを「大切にする相手ではない」とどこかで思ってしまい、それが嬉しいはずの好意を重いと感じているのかもしれません。

重い彼氏になってしまう男性側の原因5つ

恋愛のバランスが崩れてしまう原因は、男性の性格や価値観にもあります。どんなタイプの男性が重い彼氏になりやすいのかをご紹介します。

1.自分に自信がない

自分に自信がない男性は付き合っている関係であってもどこかで「何かあれば自分はフラれてしまう」と恋愛を悪いほうに考えるクセがついています。実施に彼女に新しい男性の影がなかったとしても、想像から勝手に不安を抱えてしまう状態です。

そんな不安を解消するために彼女を束縛したり、必要以上に言葉や行動を求めてしまうのです。このタイプは自分の不安を解消することに必死なので、重いと感じている彼女側の気持ちに気づくことは少ないでしょう。

2.独占欲が強い

束縛するなど、1.の自分に自信がないタイプと同じ行動を見せるのが独占欲が強い人です。

独占欲が強い人は、彼女が必要としてくれる自分に対して価値があると思っています。逆を言えば、相手から必要とされない自分には価値がないと思っています。だから彼女を縛ることで他の誰かが彼女を助けることのないように仕向けてしまうのです。

彼女ありきの自分と思っている男性は要注意!

3.恋愛はこういうものという価値観を持っている

恋愛に対する強い価値観を持っている人も、重い彼氏になってしまう可能性があります。自分の中にある恋愛マニュアルに沿って「付き合ったら毎日連絡を取り合うべき」、「週末は毎日一緒にいるのが恋人」などの行動を彼女に求めてくるからです。

彼女がそのマニュアルに沿わない行動を起こしたときには「自分のことが好きじゃなくなった」「他に好きな人ができた」などと勝手に疑いを強めて、束縛などの行動を起こしてしまうのです。

4.恋愛でのトラウマがある

恋愛のトラウマがある人は、過去の恋愛と今の恋愛を重ねてしまいがちです。

例えば、過去の恋愛の中で連絡がない期間に浮気されていた過去がある人は、今の彼女が連絡が少し遅れただけでも浮気を疑います。「連絡が取れない」という同じ状況だったとしても、結果は必ず同じになるわけではないのに、勝手に想像したことを結果として結びつけてしまうのです。その勝手な想像によって、より彼女を縛るということが繰り返され、重い彼氏になってしまっています。

5.自分に浮気願望がある

束縛といった重く感じる行動を起こすものの、彼女への過度な愛情だけではないパターンもあります。それは男性側に浮気願望がある場合です。

自分の願望を相手に映し出すことを「投影」と言います。つまり、彼女に自分の気持ち(浮気願望)を投影してしまっているということ。彼女と会えない日が続くと「こんなに放っておかれたら自分なら浮気するかもしれない」という気持ちがあるので、そうならないために彼女をより縛ろうとします。

重い彼氏を作ってしまう可能性のある女性の特徴

重い彼氏は男性側の思考が完全に悪いとは言い切れません。彼女の言動が影響を与えている可能性も…。付き合っていく中で、下記のような行動をしていませんか?

1.ある程度の彼の甘えを受け入れてきた

付き合った当初は彼氏のダメな部分さえかわいく見えてしまうもの。彼の甘えを最初は受け入れていたのに、あるときから「それぐらい自分でやってほしい」と不満を持ってやらなくなった、ということはありませんか?

この言動は彼氏側から見ると気持ちが薄れたサインと思われてしまう可能性があります。自分から気持ちが離れてしまっているのかもしれないと彼女を縛ろうとしているのです。

最初に受け入れていたことは急に突き放すのではなく、ご飯などの準備をまったくしない彼氏にはまずは「一緒に料理しよう」と一緒にできることから提案してみることなどをおすすめします。

2.相手への不満を後から伝える

1.にも共通することですが、付き合いはじめには男女とも「相手を受け入れたい」という心理が働きます。付き合いが長くなるにつれて、「ちゃんと受け入れられている」と感じると、程度の違いはありますが本音を伝え始めます。彼女がこの行動がとれるということは、重い彼氏と感じつつもしっかりと彼氏の愛情を感じられているという証拠でもあります。

ここで注意してもらいたいのが「前から思っていたけど」などと、前からの不満を後になってから伝えるという言動です。重い彼氏になってしまうタイプの男性は自分に自信のないタイプが多いので、彼女が感じている安心感を、気持ちが冷めたと受け取ってしまいます。

不満は感じたときには、「あなたがこういう部分が不満」ではなく、「私はあなたのこういう部分に不安を感じている」と自分の気持ちをメインに伝えてみてください。

不満のストレスを伝えずに別のもので消化してない?

3.気分屋なところがある

女性はホルモンバランスの乱れなどで気分の浮き沈みが男性よりも表面に出やすいとされています。彼氏にはある程度その気持ちに寄り添ってほしいものですが、その不安定は気持ちを伝えずに、気分のまま彼氏に当たっていてはダメ。彼氏の不安を煽るだけになってしまいます。

男性は女性よりも表面にあるものの奥に隠された気持ちなどを深読みするのが苦手です。言わなければ伝わらないと思っていいほどなのでご注意を。

4.彼氏のマイナス面ばかりを気にする

彼氏に対して、こんなところがダメだとマイナス面ばかりを気にしてしまう、いわゆる減点方式で恋愛を考えている女性は、重い男性を作ってしまう可能性があります。

マイナス面ばかりに気になるのは、常にあなたのほうが優位でありたいという願望の表われ。どこかで彼氏を自分より下だと思っているのかもしれません。

そんなタイプの女性は、意識的にも無意識にも彼氏を試すような行動をしてしまいがちです。優位に立つために、尽くすよりも尽くされたいからです。

試すような行動によって男性は離れていくか、重くなるかのどちらかです。付き合いは対等な関係でしか長続きしません。

重い彼氏とうまく付き合う3つの方法と後を引かない別れ方

原因、もしかしたら…の彼女側の特徴を理解したところで、最後にうまく付き合っていく方法と後を引かない別れ方についてお伝えします。

1.不満に思っていることをちゃんと伝える

重く感じてしまう行動のほとんどが、2人の気持ちのすり合わせがうまくいっていないところに原因があります。男性は愛情を確かめたいため、女性は重く感じている行動が嫌だと伝えきれなかったためと、どちらも何に対して不安、不満があるのかは相手には伝わっていないのです。

彼氏彼女という親密な関係といっても個人個人で持つ価値観は違い、嫌だと感じることは人それぞれです。その嫌なことのすり合わせを行ってください。相手に対して気持ちがある場合には関係は修復に向かいます。

嫌だと思うことを相手に伝えても改善しない場合はそれだけの関係だったということ。それでも我慢をし続けても時間の無駄です。

2.ちゃんと愛情を伝える

1.でもお伝えした通り、気持ちのすり合わせをうまく行うためには、愛情をちゃんと伝えることも大切です。お互いが不安、不満に思っているのを伝えた後には、お互いの好きなところをぜひ言い合ってみてください。

価値観は人それぞれであり、嫌なところもそうですが嬉しいと感じるところも違います。こんなところに魅力を感じてくれていたのかと新しい自分の魅力に気づけて、自分に自信のない彼氏に自信を持たせることにもつながります。

言葉にすることは女性よりも男性のほうが不得意とされているので、彼女側が伝えてから彼氏に聞いてみるといいでしょう。

思っているだけでは伝わりません。

3.彼氏以上に重い女を演じてみる

これは荒治療なのですが、重い女を演じることで、過度な監視や束縛が嫌なことであると彼氏に伝えることができます。また、過去のトラウマから「もしかして浮気しているんじゃ」と不安になってしまいがちなタイプの男性には、この行動は愛情を伝えることにもつながる可能性も。

しかし、注意してほしいのがその期間です。彼氏が逃げ出す場合もあるので、重いと感じた頃の自分がしていたような行動(例えば、電話にすぐに出なくなる、メールの返信がそっけなくなるなど)が見えたらすぐにやめましょう。

4.それでもダメなら…、別れる

上記の1.~3.のことを試しても改善されないのであれば別れるのも一案です。

別れるときの言葉として覚えていてほしいのは、「あなたのこんな行動が嫌だった」など主語を相手にしないこと。主語を相手にしてしまうと、どうしても言葉には責めや攻撃性を伴ってしまいます。

あくまでも主語は自分として「私はあなたのこんな行動から信じてもらえてないと不安だった」など、あなたの行動によって、自分がどう感じていたのかを伝えるようにしてください。彼氏はそんなに傷つけてしまっていたと自分の行動を責めることはあっても、あなたを責めることはまずしないでしょう。

☆☆☆

重い彼氏を作ってしまう原因はどちらか一方が悪いというよりも、お互いの気持ちのすり合わせを行えていないことが多いのです。辛く感じてしまう時間を楽しい時間にして過ごせるように、上記のような対処法に取り組んでみてください。