恋愛&結婚 【恋愛講座】素敵な姉さん女房に!「年下男子」と付き合う5つのテクニック

自分より年下の彼……。

学生時代は年下というと、どうしても躊躇したりしますが、お互いが社会人で、彼も彼である程度、大人になっていれば、もう歳の差は関係なくなってきます。

ただし、自分より若い彼をみていると、戸惑うときもあったりなかったり。つい小言を言って「お母さん」のように振る舞っていませんか?

いくら彼が年下といえど、お互いが対等に付き合えるのが一番!

そこで今回は、「年下男子」と付き合う5つのテクニックをご紹介してまいります。

 

年齢を気にしない

自分が年上、彼が年下。

彼が自分よりも若いというだけで、女性としては年齢が気になるものです。

しかし、お付き合いしている以上は基本的には気にしないこと。

いろいろと話すたびに年齢について話題を取り上げていると、年下の彼は段々と我慢できなくなってくるかも……。自分が彼女より若いからこそ、きっと一生懸命リードをしようと必死になっている中、年齢のことばかり指摘されても不快に感じるでしょう。

彼は「年上だから」あなたを好きになって付き合っているわけではありません。「涙もろいけどしっかりしている」「生命力がある」「笑顔が可愛いから」ともっと他に理由があるはずです。

もっと自分に自信をもって、彼の前でも正々堂々と振る舞いましょう!

 

小言を言わない

年齢は関係ないとはいえ、長く付き合っている中でどうしても彼に対して精神的な幼さを感じるときがあるでしょう。たとえ、年上男子であっても「もっとしっかりしてよ!」と思うときがあるくらいですから、自分より年下となれば、ますますいろいろな場面で小言を言いたくなるのでは?

どんなに彼の行動に納得がいかなくても、常に指摘してあげる必要はありません。

毎回、小言を言っていると彼はあなたのことを「彼女」としてみられなくなり、あなたもあなたで「お母さん」のような振る舞いになっている可能性も……。

頼りなく思えてもしばらくは身守るスタンスでいないと、年下男子とは付き合いきれないでしょう。

 

彼を甘えさせない

自分より年下であどけない瞬間があると、どうしても母性本能が高まり、優しく包みこんであげたくなりませんか? しかし、常に甘えさせてあげることが彼女の役目ではありません。たとえば、彼が仕事について悩んでいたとしても、甘えさせるという方法が正解とは限りません。

ときには、あえて突き放して、彼が自分の足で乗り越えていけるように促す必要もあります。

もちろん、心が疲れきっているときは彼を包みこんであげなければいけませんが、甘やかしすぎて、いつの間にかダメンズへと変わっていないように気をつけましょう。

1 2