恋愛&結婚 【恋愛講座】自慢になってない? 友だちに恋愛相談をするときの注意点

女性の友情は、とても繊細で複雑。

学生時代は一緒に楽しく過ごせていても、お互いがいる環境や状況があまりにも違いすぎると、少しずつ関係がこじれてきてしまうかも……。

友だちに恋愛相談をするときは、相手の状況をよく考えないと、ただのおのろけに。

そこで今回は、友だちに恋愛相談をするときの注意点をご紹介してまいります。

 

相手の状況は?

彼と大喧嘩をしても、別れそうになっていても、恋愛相談をするときは、きちんと相手のタイミングをみなくてはいけません。たとえば、友人も友人で失恋したばかりだと、どんなに仲がいい友人から相談されても、さすがに受け止める余裕はないでしょう。

こちらとしては真剣に相談しているつもりでも、彼女からしてみれば、もしかしたら、彼と喧嘩できるだけでいいじゃん! と思ってしまう状況かもしれません。恋愛相談をするときは、まず相談相手を慎重に選び、なおかつ相手の状況をよくみたうえで「相談したいことがあるんだけど」ともちかけてみて。

 

自慢にならないように……

恋愛相談をするときは、自慢にならないように細心の注意を払う必要があります。どんなに真剣に悩んでいたとしても、それは他人からしてみれば、関係のない話。

恋愛相談をもちかけるときは、すべてを話すのではなく、いろいろと話したい話題に優先順位をつけて、相手に負担のならないように気をつけましょう。

たとえば「彼氏と喧嘩した」ことを相談するなら、自分と同じように彼氏がいて、似たような悩みをもっている友人に相談するべきですよね。お互いに状況が似ていれば、たくさん自分の話をしても、きっと「自慢」とは思わず、優しく受け止めてくれるはず!

1 2